Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

生鮮食品も買える「Amazonフレッシュ」、東京都の一部でサービス開始。毎週火・金は「新鮮市」も

まるでスーパーマーケットな品揃え

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年4月21日, 午後02:30 in amazon
61シェア
0
61
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

アマゾンは、肉や魚といった生鮮食品から日用品までを取り扱う新サービス「Amazonフレッシュ」を開始しました。商品は適切な温度管理のもと、注文から最短4時間での配達をうたいます。

Amazonフレッシュは、月額500円の有料サービスです。プライム会員およびStudent会員だけが申し込むことができ、一般会員は申し込めません。

配達可能エリアはサービス開始時点では東京都内の一部(詳しくは後述)。注文から最短4時間の配達をうたい、受け取りは朝8時から深夜0時までと幅広く対応します。



Amazonフレッシュのページを覗いてみると、品揃えはまるでスーパーのよう。肉や魚、卵から乳製品、チーズ、パン、惣菜、冷凍食品、アイスクリームなどが並びます。さらに、キッチン用品やペットフードなど、日用品も取り揃えています。



また、本物のスーパーのような「新鮮市」を開催。毎週火曜日と金曜日に、入荷したての新鮮な商品だけを紹介するコーナーを設けます。

プレスリリースによれば、開始時の配送対象エリアは「東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)」で、今後順次拡大していく予定です。

普段時間がないと、スーパーに行くのも億劫になる......というのは誰しもあると思いますが、そんなときに、使い慣れたAmazonのUIで生鮮食品も購入できるのは便利だと感じました。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: amazon, amazonfresh, ec, services
61シェア
0
61
0

Sponsored Contents