Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

生鮮食品も買える「Amazonフレッシュ」、東京都の一部でサービス開始。毎週火・金は「新鮮市」も

まるでスーパーマーケットな品揃え

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年4月21日, 午後02:30 in amazon
177シェア
42
59
0
76

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View

アマゾンは、肉や魚といった生鮮食品から日用品までを取り扱う新サービス「Amazonフレッシュ」を開始しました。商品は適切な温度管理のもと、注文から最短4時間での配達をうたいます。

Amazonフレッシュは、月額500円の有料サービスです。プライム会員およびStudent会員だけが申し込むことができ、一般会員は申し込めません。

配達可能エリアはサービス開始時点では東京都内の一部(詳しくは後述)。注文から最短4時間の配達をうたい、受け取りは朝8時から深夜0時までと幅広く対応します。



Amazonフレッシュのページを覗いてみると、品揃えはまるでスーパーのよう。肉や魚、卵から乳製品、チーズ、パン、惣菜、冷凍食品、アイスクリームなどが並びます。さらに、キッチン用品やペットフードなど、日用品も取り揃えています。



また、本物のスーパーのような「新鮮市」を開催。毎週火曜日と金曜日に、入荷したての新鮮な商品だけを紹介するコーナーを設けます。

プレスリリースによれば、開始時の配送対象エリアは「東京都の港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区の6区域(一部エリアを除く)」で、今後順次拡大していく予定です。

普段時間がないと、スーパーに行くのも億劫になる......というのは誰しもあると思いますが、そんなときに、使い慣れたAmazonのUIで生鮮食品も購入できるのは便利だと感じました。
関連キーワード: amazon, amazonfresh, ec, services
177シェア
42
59
0
76

Sponsored Contents