Sponsored Contents

3Dの最新記事

Image credit:

動画:iPadで3Dスキャン、立体ポートレイト「Piroue3D」 を体験してきた

iPadで簡単に3Dスキャン!

わっき(Digital Wackys) , @d_wackys
2017年5月1日, 午前11:00 in 3D
358 シェア
144
91
7
1
115

連載

注目記事

人気記事



Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。ニコニコ超会議 2017のソノリテブースにて無料3Dスキャン体験したのでその模様をお届けします。

ブースでは、iPadでスキャンした3Dデータを使って、気軽に3D遊びが行えました。まずはビューアーアプリ「Piroue3D」(ピルエ3D)をスマートフォンにインストールしてサインアップ。iOS/Android版対応。

iPadにケーブル1本で装着された専用カメラには、赤外線カメラと距離センサーを搭載しており、これで形状を3Dデータ化していきます。テクスチャはiPadのカメラを利用して取り込むので、装置としては簡単な構成です。



生成される3Dデータは汎用的な.obj形式なので、3Dソフトで利用したり、3Dプリンタで出力したりも可能です。ブース内は均一なライティングがされており、こうした環境の方がデータとしては使いやすくなりますね。

スキャンした3Dデータはビューアーアプリ「Piroue3D」に送られてきます。ユーザー毎にQRコードが発行されるので、これをアプリでスキャンすれば仲間同士でのデータ共有が可能です。「立体的なポートレイト撮影」と言う感覚で気軽に楽しんで欲しいとのこと。

今後はさらに小型化され、安価なツールとしてスマートフォンでスキャンできるようになっていくのでしょうか。これもひとつのVRの未来なのかも!
関連キーワード: 3D, 3dScanner, chokaigi, ipad, niconico chokaigi, piroue3d, vr
358 シェア
144
91
7
1
115

Sponsored Contents