Sponsored Contents

huluの最新記事

Image credit:

日本版Huluがドメイン名を「happyon.jp」に変更 常識では考えられない判断の理由

本当に「システム移行のため」なのでしょうか…

山口健太
2017年5月10日, 午後03:55 in Hulu
1232 シェア
475
421
0
336

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

View

動画配信サービス「Hulu」を運営するHJホールディングスは、5月9日にサービスのリニューアルを発表しました。このなかで注目を浴びているのが「ドメイン名の変更」です。

Webサービスにおいて禁じ手ともいえるドメイン名の変更を敢行する理由はどこにあったのでしょうか?

Huluのシステム移行に伴いドメイン名も変更

日本版Huluは、5月17日のリニューアルによりドメイン名を「hulu.jp」から「happyon.jp」に変更。これに伴い、ユーザーにブックマークの変更やアプリのアップデートを呼びかけています。

その一方で、「Hulu」というサービス名は変わらない、という点が物議を醸しています。2014年に日本テレビ放送網の100%子会社であるHJホールディングスが事業を取得した日本版Huluですが、5月17日の大型リニューアル以降もサービス名はHuluのまま。新しいアプリのアイコンも大きくは変わっていません。

ドメイン名変更の理由としてHJホールディングスは、「システムを全面リニューアルするにあたって、サービスを止めずに移行するため」と説明しています。これまで米国と同じシステムを利用してきた日本版Huluは、5月17日より日本独自のシステムに移行します。一時的にアカウント登録や解約といった機能が利用できなくなるとはいえ、動画配信のサービスは止めずに移行するようです。

とはいえ、それだけのためにドメイン名を変えるというのは、これまでのドメイン名への投資や検索エンジンからの評価を考えれば、Webの常識では考えられない事態です。

DNSを書き換えるだけで対応できなかったのか、とも思えてきますが、HJホールディングスでは「Huluのアプリはゲーム機、レコーダー、テレビなど20種類近くのデバイスに展開しており、メーカーとの協業で実現しているため、サービス停止を避けるためにドメイン名を変更した」と説明しています。

ドメイン名変更で考え得るリスクとは

新しいドメイン名である「happyon」とは、Happy On(ハッピーオン)を表しており、HJホールディングスによれば「もっとHuluを楽しく使ってもらい、生活をhappyに」という願いを込めたとのこと。



しかし、ドメイン名としては文字数が「hulu.jp」より3文字長く、わずかな違いではあるものの入力の手間は増え、モバイル画面でURLが見づらくなるなど不利な点があります。

「happyon.jp」がドメイン名として特別に価値が高いわけでもありません。HJホールディングスが本ドメインを取得したのは、Whoisによれば2016年6月9日。そこから活用された形跡はなく、検索エンジンからの評価も未知数です。「hulu」という単語で検索しても、当面の間は別のサイトが最上位に来てしまうかもしれません。

さらに気になるのは、今回のリニューアルに伴い、既存のHuluユーザーはWebブラウザーのブックマーク変更や、サービスへの再ログインが求められる点です。これはフィッシングを誘発するリスクになり得ます。



たとえば本物とよく似たドメイン名でHuluそっくりのサイトを構築し、ログインを誘う攻撃者が現われるかもしれません。複数のサービスで同じパスワードを使い回しているユーザーがいれば、ほかのサービスにも被害が広がります。こうしたサイトがはびこると、果たして「happyon.jp」が本物の日本版Huluなのかどうかも分からなくなってきます。

これに対してHJホールディングスは「速やかにプロモーションやコミュニケーションを展開することで、公式サイトであることを周知していく」との意向を示しています。さらに5月17日以降は「hulu.jp」から「happyon.jp」へのリダイレクトも実施するとのこと。

少なくともユーザー側では、リダイレクト後のサイトにブックマークを置き換えること、URLの入力時にもコピー・アンド・ペーストを利用すること、といった対策が考えられます。また、Huluに限ったことではありませんが、複数のサービスでパスワードを使い回すことも避けるべきでしょう。


関連キーワード: hulu, network, tv
1232 シェア
475
421
0
336

Sponsored Contents