Sponsored Contents

personal computingの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフトがLinuxのOpenSUSEとFedoraをストア配布。「Windowsで動くLinux」ことWSLに追加

人気ディストロ出揃う

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年5月12日, 午前07:30 in personal computing
289シェア
1
288
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
 
マイクロソフトの開発者向けイベントBuild 2017より。マイクロソフトが、Windows 10で動作するLinuxシェルことWindows Subsystem for Linux (WSL)に、OpenSUSE および Fedora Linuxのサポートを追加することを発表しました。WSLではすでにUbuntuが対応していますが、対応ディストリビューションの拡大でユーザーは別のLinuxマシンや仮想マシン(VM)を用意する必要がなくなります。

各ディストリビューションの導入は非常に簡単で、Windows 10を開発者モードに切り替えてから、Windows Storeを開き、各ディストリビューションをインストールするだけ。
 
 
今回の措置は、DebianベースのUbuntu、SlackwareベースのOpenSUSE、Red HatベースのFedoraが揃うことで、それぞれの流儀を好むインターネット上のオンラインサービス開発者たちをWindowsに引き込む有効な手段となることが考えられます。

ちなみにマイクロソフトはこれまでにオープンソースの開発プラットフォームとして .Net core 1.0をLinuxおよびMacに、さらにはLinuxに対応するSQL Server 2017などを提供してきています。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

289シェア
1
288
0

Sponsored Contents