Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:

AppleCare+ for Mac提供開始。製品購入から3年間は転落や水濡れ故障も保護対象に

申込みは製品購入から30日以内

Munenori Taniguchi
2017年6月8日, 午後06:45 in Personal Computing
553 シェア
309
102
0
142

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

アップルが、Macの延長保証サービス AppleCare+ for Macの提供を開始しました。Mac向けにはこれまでも標準の1年保証を3年に延長するAppleCare Protection Planが用意されていましたが、AppleCare+ for Macでは3年間のハードウェア・電話サポート延長保証に加えて、転倒や落下、軽度の水濡れといった過失・事故による破損や故障も、2回までなら特別料金で対応します。

落下や水濡れによる破損をカバーするAppleCare+はこれまで、iPhoneなどのモバイル製品向けとして提供されてきました。しかし、たとえば12インチMacBookやMacBook ProなどはMagSafeコネクターがUSB-Cに置き換わり、電源コードを足で引っ掛けてガコっとテーブルから落下させてしまう可能性も増加しているはずです。

さらに想像力をはたらかせて考えれば、自宅で使うデスクトップMac製品であっても、深夜まで作業をしていて、眠気覚ましにコーヒーを淹れて戻ってきた際、何かに蹴躓いてキーボードや液晶画面にそれをぶっかけてしまう可能性もまったくのゼロとはいえません。そうした不慮の事故を、AppleCare+ for Macは安価にリカバーします。
AppleCare+ for Macの価格は、MacBook/MacBook Airが2万3800円、13インチMacBook Proが2万5800円、15インチMacBook Proが3万5800円。Mac miniは1万800円、iMacは2万800円、Mac Proは2万3800円。購入期限は対象製品の購入から30日以内です。

ちなみに、たとえAppleCare+ for Macを購入しても、事故による破損や故障がすべて無償修理になるわけではありません。たしかに無保証状態での修理に比べれば安価ではあるものの「画面または外部筐体の損傷は1万1800円、そのほかの損傷は3万3800円」の修理費(サービス料)がかかります。また、過失や事故による損傷の度合いが大きい場合や、必要のない分解の痕跡がある場合などには交換部品の購入など別途費用負担がありえます。

そして老婆心ながら付け加えておくと、保証内容には「対象機器に対する過度の、または壊滅的な損傷が液体接触に起因する場合 (製品の一部または全体が浸水しているなど) には適用されません」との記述があります。さらに「 不適切な取り扱い、誤用、無謀行為、故意行為または意図的行為」も保証対象外。要するに「風呂グラミング」のリスクは保証されないということです。

553 シェア
309
102
0
142

Sponsored Contents