Sponsored Contents

chicagoの最新記事

Image credit:

ポケモンGOの一周年イベント発表。大型更新やリアルイベントも続々実施

氷と炎の歌

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年6月8日, 午後09:01 in Chicago
426 シェア
167
167
0
92

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森』ダイレクトは10月25日昼12時放送。だなも💸

スマホ版『どうぶつの森』ダイレクトは10月25日昼12時放送。だなも💸

View


ポケモンGO が一周年記念企画を発表しました。正式稼働から1年の7月に向けて、ゲーム内イベントや新たな遊び方を追加する更新、リアルイベント「Pokémon GO Fest シカゴ」など、数々の企画を実施します。




実施されるのは、XPボーナスや出現率変動、アイテムセールのゲーム内イベント「」


ポケモンGOの正式サービス開始は2016年7月6日、日本国内では7月22日。

今年7月の一周年に向けて、まずは6月14日から20日まで、ゲーム内イベント『熱闘!冷闘!エクセレントスローを狙え!』を実施します。

内容は

・ほのおタイプ・こおりタイプのポケモンが出現率向上
・モンスターボールの当て方ボーナスが大幅向上(正確に当てて「Excellent!」等と表示されるあれ)
・しあわせタマゴのセール


これまであまり顧みられることのなかった当て方ボーナスですが、倍率によってはポケモンGO Plus を押すだけプレイの人も、真面目に見て投げる誘因になるかもしれません。

タイプ別出現率向上はもはやイベント恒例。普段はなかなか会えない、アメが貯まらないレアなポケモンを木の実つきで手動キャッチする機会です。

そして『熱闘(略)』イベント終了の6月20日からすぐに、グループで協力して遊ぶ新たな機能をリリースする見込み。

このアップデートの準備のため短期間ジムにアクセスできなくなると予告されていることから、開発運営元ナイアンティックのハンケCEOがたびたび語ってきた Ingress のようなチーム協力要素と、ジムのような拠点の取り合いが関連する新しい趣向と予想できます。

チーム戦要素といえばハンケ氏は、現状のジム奪い合いは協力促進にはあまり機能していないことを認め、なんらかのチーム協力・競争要素や、ジムとポケストップだけでなく周囲チームメイトに影響を与える拠点の要素を導入したいと構想を語っていました。

ポケモンGO、でんせつのポケモンは今年出現。交換やチーム戦など3つの大型更新を予定

Ingress のように線を引くようになるとは思えませんが、モジュールの拡充や新しいタイプの拠点は登場するかもしれません。

さらにその後7月22日には、米国シカゴで初の現実世界ポケモンGO祭りイベント 「Pokémon GO Fest シカゴ」を実施予定。イベントの詳細と、チケット情報は日本時間の6月19日に改めて発表します(※訂正)。

また欧州ではショッピングセンターを運営するUnibail-Rodamco でのイベントを予定。

日本では、8月9日から横浜で開催される「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」には、ようやくポケモンGOも連動を検討中です。


なお今回の発表には含まれないものの、ハンケCEOは前述のインタビューで2017年内の伝説のポケモン登場を予告していました。伝説の鳥ポケモン3体がチームの色と対応していることを思えば、チーム競争はいずれ出現する伝説のポケモンと関係してくる可能性もないとはいえません。

※訂正: 「Pokémon GO Fest シカゴ」の詳細発表を当初6月10日としていましたが、Niantic側で訂正があったため、19日に訂正しました。


Source: Pokemon GO
関連キーワード: chicago, niantic, niantic labs, pokemon, pokemon go
426 シェア
167
167
0
92

Sponsored Contents