Sponsored Contents

robotsの最新記事

Image credit:
Save

ソフトバンク、GoogleからBoston Dynamicsを買収。ロボット事業取得で生活を快適化へ

どうなるPepper

Munenori Taniguchi
2017年6月9日, 午後02:00 in robots
795シェア
395
290
0
110

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

ポケモンGO、伝説のポケモン『グラードン』出現。1月15日まで

ポケモンGO、伝説のポケモン『グラードン』出現。1月15日まで

Ittousai, 18 時間前
View
 
ソフトバンクが、米Alphabet傘下のロボット開発企業Boston Dynamicsを買収したと発表しました。また同じAlphabet傘下で東大発のロボット企業SCHAFTも、同じ取引においてソフトバンク傘下へ移るとのこと。

Boston Dynamicsといえば、一時期は2足歩行ロボットAtlasや、首のない四脚ロボットSpotなどを動画で紹介しては世間の話題をさらっていたMITスピンオフのロボット企業です。2013年からはGoogleのグループ内で最先端ながら未成熟な分野の事業をまとめるGoogle Xの一部になり、これまでに四脚のBig DogSpot、二足歩行のPetmanや転んでも立ち上がるAtlas、そして、最新のHandleといった自律歩行/走行ロボを多数開発しています。

しかし、DARPAとの協力体制で米軍の前線支援用として開発した大型四脚ロボット Big Dog/LS3 が「エンジン音がやかましい(から敵に見つかる)」という理由であえなく不採用におわってしまい、その後もすぐに利益化できる"製品"がないまま、事業は停滞しつつありました。

孫正義社長は発表文で「人間の能力では解決できない数多くの課題が存在する。スマートロボティクスは情報革命の次のステージの重要な推進役」になるとコメント。「ロボティクス分野を発展させ、生活をより快適化させることができような活用方法を探求し続ける」Boston Dynamicsをサポートするとしています。


ソフトバンクはまた、Boston Dynamicと同時期にGoogle Xに加わった東大発のロボットベンチャーSCHAFTも同じ取引で買収したことを合わせて発表しました。Boston Dynamicsに比べると若干地味な印象もあるSCHAFTですが、こちらも2016年には独創的な2足歩行ロボットの開発状況を公開しています。


さて両社がソフトバンクグループへ移るとなれば、すでに確固たる地位を築いている先輩ロボットPepperとの棲み分けも気になるところです。しかしここはいらぬ心配をするよりも、2本足(または4本足)で軽やかに歩くPepperがSoftbankのお店で接客してくれる未来を想像するほうが楽しいかもしれません。

795シェア
395
290
0
110

Sponsored Contents