Japan Autoblog Logo

Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:

【ビデオ】多様なカテゴリ、場所、天候、時代を網羅する究極的レース・ゲーム『Project Cars 2』の予告映像が公開!

年代を問わず収録される豊富な車種も魅力

Autoblog Japan Staff
2017年6月12日, 午後12:30 in Gaming
116 シェア
11
37
0
68

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


レーシング・ゲームといえば、年内の発売が期待される『グランツーリスモSPORT』が注目を集めているが、あなたが待っているゲームはこれだけではないはずだ。『ニード・フォー・スピード シフト』の開発でも知られるSlightly Mad Studios社から、『Project Cars 2』がこの秋に発売されるのだ。同社は、6月13日~15日(現地時間)に米国ロサンゼルス市で開催される世界最大のゲーム見本市 E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)を前にその最新トレーラー映像を公開し、9月22日(現地時間)に発売することを明らかにした。




トレーラー映像を見る限り、この最新作は地球上のありとあらゆるレースのファンに向けた究極的なゲームになりそうだ。ル・マン24時間レースやGTカーレースから、グローバル・ラリークロス・チャンピオンシップ、フォーミュラ1、インディカーに至るまで、多彩なマシンやサーキットが確認できる。さらに、それぞれ現代のマシンとヴィンテージ・マシンが用意されているのだ。同ゲームの公式サイトによると、ロードカーやゴーカートもフィーチャーされるとのこと。



レース中のコンディションの描写にも妥協がないようだ。トレーラー映像では、公式サイト上で「ダイナミック」と表現されている、いくつかの天候の変化や、時間経過などが見て取れる。また、1つのレースで多数のマシンを走らせることもできるらしいので、実際と同じように、33台で競い合うインディアナポリス500も再現できそうだ。



対応機種は、PlayStation 4、Xbox One、そしてPC。ハイスペックPCなら、VRや12K映像、3画面、21:9のアスペクト比などに対応するという。是非、下の動画で興奮のレース・シーンをチェックしてほしい。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

116 シェア
11
37
0
68

Sponsored Contents