Sponsored Contents

Wearablesの最新記事

Image credit:

アップル、アイトラッキング技術の独SMIを買収。HoloLens対抗のARKit対応電脳メガネを開発?

アップルもSMIもARグラスを試作しています。

Munenori Taniguchi
2017年6月27日, 午後08:30 in Wearables
257 シェア
73
95
0
89

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

View
Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View
アップルが、視線計測(アイトラッキング)技術に強いドイツ企業SensoMotoric Instruments(SMI)を買収しました。SMIはすでにアイトラッキング技術を備えるスマートグラスを試作しており、一方でいわゆる"VR酔い"を軽減する技術をOcurus RiftなどのVRヘッドセット向けに供給しています。

Bloombergは、2016年11月に「アップルがARグラスを開発し、テストを重ねている」と伝えていました。SMIもまたアイトラッキング技術を備えるスマートグラスを試作していることから、今回の買収によってアップル印のARグラスが近く製品化されるのではとも考えられます。

ただアップルは、今月始めに開催したWWDC 2017で、iOS 11へのARKitフレームワーク導入を発表しており、特別なハードウェアを使わずとも高精細かつ自然な拡張現実オブジェクトの合成を可能とするデモを公開していました(ARKitはiPhone 6s/SE以降およびiPad Proに対応)。ARKitとアイトラッキング技術を組み合わせれば、たとえばiPhoneやiPadのフロントカメラを使ったアイトラッキングで、タッチ操作なしに視線だけでデバイスを操作するといった技術活用もありそうです。

いずれにせよ、アップルがiOSデバイスの新しい可能性としてARに注力しているのは間違いのないところ。獲得した技術でiPhone/iPadの使い方がどう変わっていくのかにも期待したいところです。

なおアップルの代理人はAxiosに対して、SensoMotoricの買収を認めたものの「アップルが小規模な技術企業を買収するのはよくあることであり、一般的にその目的などについてはコメントしていません」と述べました。またSensoMotoricも一切のコメントを出していません。

ちなみに、6月20日にはCNBCが、UBSのアナリストSteven Milunovich氏の報告として「アップルが将来的にマイクロソフトのHoloLensに対抗するARグラス『iGlass』を投入する可能性がある」と報じています

[Image : SensoMotoric Instruments]
257 シェア
73
95
0
89

Sponsored Contents