Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

IPX4防汗の完全無線イヤホン「Jabee BTwins」発売。国内正規品は接続安定性増した大幅改良版

世界最小!ただしメタル素材で。

Munenori Taniguchi
2017年6月28日, 午後08:00 in AV
285 シェア
73
58
5
0
149

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View
Jabeesの完全ワイヤレスイヤホン、BTwinsが国内発売されました。読みは"ビーティーウィン"。国内代理店のセンスアビリティいわく、「メタル素材としては世界最小」の完全ワイヤレスイヤホンとのことで、「完全ワイヤレス」「メタル素材」の2要素は外せないというこだわりある人には特におすすめの製品です。

BTwinsそのものは昨年海外で発売されたモデルであり、わりと安価ながらそこそこの音質という評価から、一部海外レビューサイトではAirPodsキラーとの声もちらりと出ていました。ただ、小ぶりな完全ワイヤレスイヤホンは音切れの問題が発生しやすく、BTwinsもまた接続性が弱点として指摘されていました。

しかし、今回発売した国内正規販売モデルは2017年6月生産の最新ロットであり、初期ロット品に対してBluetoothチップの変更に始まりアンテナや回路設計などに手を入れた大幅改良品になっているとのことです。

その他の特徴には、スポーツ/ワークアウト向けの性能として、Liquipel社のナノコーティング技術を使い塩水噴霧試験まで実施した防汗設計を採用。紹介動画では、ムキムキのマッチョな男女が汗だっくだくのベッタベタでIPX4の防水性能やBTwinsの装着安定性を視覚的にも強烈に伝えます。


バッテリーには800サイクルの充放電を繰り返しても90%以上の蓄電性能があるというドイツ製電池を採用しており、連続再生時間は約3時間、連続通話時間は約4時間という性能。携帯用ケースはもちろん充電機能があり、BTwinsを3回以上充電できるため、電源のないところで使う場合も12時間はリスニングが可能です(イヤホンの充電時間を除く)。またこのケースはベルトクリップを備え、パンツのウェスト部分に装着できるため、ランニングに出るときもケースを一緒に持っていけるのが地味に便利です。

イヤホンとしての性能は、7mm径ドライバーを採用し、再生周波数が20Hz~20KHz。Bluetooth 4.1準拠で、対応するプロファイルはHSP /HFP /A2DP /AVRCP。本体カラーはクールブラック、サイバーグレー、ローズゴールドの3色を用意。イヤーピースはS /M /Lの3サイズを付属します。
イヤホン本体の大きさは直径14.4 x 奥行き16.3mm。イヤホン本体の重さは約4.5g x2。充電ケースの大きさは50 x 60 x 33.75mm、重さは約37g。

BTwinsの価格は販売チャネルによって多少異なるものの、AmazonやYahooショッピングでは9999円から。
6月29日追記:記事執筆時の価格は9999円からでしたが、その後Amazonではセンスアビリティの販売価格は1万4800円に改められています。


心拍計までは必要ないものの、汗をかくワークアウトにも使えて比較的音が良く、手頃な価格帯の完全ワイヤレスイヤホンをお探しなら、ひとつ入手してみるのも良いかもしれません。
 
285 シェア
73
58
5
0
149

Sponsored Contents