Sponsored Contents

dslrの最新記事

Image credit:
Save

キヤノン、EOS 6D Mark IIを発表。フルサイズ機初のバリアングル液晶搭載モデル

約4年半ぶりのフルモデルチェンジ

関根慎一 (Shinichi Sekine), @sekine_s
2017年6月29日, 午後01:50 in dslr
489シェア
240
172
0
77

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View
Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

石川温, 11月16日
View

人気記事

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Ittousai, 12月12日
View

キヤノンは、デジタル一眼レフカメラEOS 6D Mark IIを発表しました。

35mmフルサイズの撮像素子を搭載するハイアマチュア向けモデルのミドルクラス。2012年11月に発売したEOS 6Dの後継モデルにあたり、機種としてはおよそ4年半ぶりの更新となります。

手の届くフルサイズ一眼レフというおいしい位置付けながら、現行機種の中では性能的に取り残されてしまっていた感のあったモデルですが、今回のモデルチェンジで、他社を含めた現行のフルサイズ機と同等の性能を手に入れています。

Gallery: EOS 6D Mark II | 19 Photos

19

具体的には、撮像素子の更新、映像エンジンの刷新、高感度性能の向上、AF性能の強化、連写コマ数の向上、WiFi/NFC/Bluetooth対応、バリアングル液晶の新規採用、4Kタイムラプス動画記録への対応などを施したフルモデルチェンジです。

撮像素子は有効約2620万画素のCMOSセンサー。上位機種のEOS 5D Mark IVにも搭載している像面位相差AF対応の「デュアルピクセルCMOS」を採用し、ライブビュー撮影時にも高速なAFが可能になっています。



フルサイズセンサー搭載のキヤノン製デジタル一眼レフカメラとしては初めてタッチ式バリアングル液晶を備えます。これまではAPS-C搭載機にしか搭載してこなかった装備なので、ライブビュー撮影時のアングルが自由になるバリアングル液晶の採用はかなり嬉しい変更です。既存のフルサイズ機ユーザー的にも、待ちかねていた方は多いのではないでしょうか。

光学ファインダーは視野率約98%の0.71倍。AF測距点は旧モデルの11点(クロス中央1点)から45点オールクロスへと大幅に向上。最高感度はISO40000。最大連写コマ数は約6.5コマ/秒(ライブビュー撮影時は約4コマ/秒)。60pのフルHD動画記録に対応。

機能面ではこのほか、装着レンズの歪曲収差、色収差、周辺光量、回折現象の補正機能を追加。光学的に生じる画像の歪みや画質の低下をカメラ内で補正する機能です。また、シーンモードではジャイロセンサーからの情報と映像から主要な被写体を検知することで被写体ブレを抑え、背景を流して躍動感を出す「流し撮り」を追加しています。

発売時期は8月上旬。キヤノンオンラインショップでの販売価格は、ボディのみが税別22万2500円、EF24-105 IS STMレンズキットが26万8500円、EF24-70L ISレンズキットが32万4500円。

EOS 6DはAPS-Cからフルサイズセンサー搭載機へのステップアップ機として2012年に登場。それまでキヤノンのフルサイズセンサー搭載機はEOS 5Dまでだったので、手の届くフルサイズ機としてデジタル一眼レフユーザーに広く支持されたモデルとなりました。

今回のモデルチェンジのハイライトは、なんといってもタッチ式バリアングル液晶の搭載でしょう。ボディのサイズアップと引き換えにアングルの自由度を大幅に増す装備ですが、固定式液晶だった旧モデルとボディサイズを比較すると、奥行きがやや増した程度でほぼ据え置かれているのは、開発陣の努力の賜物といえます。

コスト的に見ても、2016年9月に発売したEOS 5D Mark IVはボディのみの実勢価格が30万円を切らないので、EOS 6D Mark IIの登場は、フルサイズ機に興味のあるユーザー的にもかなり魅力的な選択肢なのではないでしょうか。



Source: Canon
関連キーワード: cameras, canon, dslr, eos 6d mark ii
489シェア
240
172
0
77

Sponsored Contents