Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

スマホで1000円から株取引「One Tap BUY」を試す。任天堂やソニーなど日本30銘柄にも対応(動画)

米国30銘柄、日本30銘柄の少額株取引が可能に

津田啓夢(Hiromu Tsuda) , @boobyn
2017年7月24日, 午後06:00
506 シェア
100
176
0
230

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

Galaxy Note 8(仮) まもなく発表、日本時間23日24時からイベントUnpacked開始

Galaxy Note 8(仮) まもなく発表、日本時間23日24時からイベントUnpacked開始

View


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。1000円から株が買えるスマホ時代の証券取引アプリ「One Tap BUY」が日本株も購入できるようになりました。これまで米国30銘柄を取り扱っていましたが、今回のアップデートで国内上場株30銘柄も購入できます。動画では簡単に売買できる様子を撮影しています。



One Tap BUYは、スマートフォンで株式取引が簡単にできる証券取引アプリ。名前はOne Tapですが3ステップで株が購入できるとアピールしています。若者層や株式売買の未経験者をメインターゲットとし、大手企業の株を1000円単位で取引できる気軽さが売り。

売買可能な銘柄は国内有数の企業の株。Engadgetでも馴染みのあるところでは、任天堂やソニー、パナソニック、キヤノンあたりでしょうか。

  • 積水ハウス
  • 明治
  • キリン
  • セブン&アイ
  • 花王
  • 武田薬品工業
  • オリエンタルランド
  • ヤフー
  • 楽天
  • 資生堂
  • ブリヂストン
  • TOTO
  • リクルートホールディングス
  • パナソニック
  • ソニー
  • キーエンス
  • ファナック
  • 村田製作所
  • 日産自動車
  • トヨタ自動車
  • 本田技研工業
  • 良品計画
  • キヤノン
  • 任天堂
  • ユニ・チャーム
  • みずほフィナンシャルグループ
  • ヤマトホールディングス
  • セコム
  • ニトリホールディングス
  • ファーストリテイリング

こうした銘柄は通常、単元株といって100株や1000株単位でなければ購入できません。たとえば任天堂の単元株は100株で、7月24日の株価は3万6240円となるため最低購入代金は362万4000円となります。



One Tap BUYの仕組みは、この単元株を自社購入し相対契約によってユーザーに1000円単位で振りだすことで、少額取引を実現しています。このため、株式の名義はOne Tap BUYとなります。株主優待を受けるには単元株以上を得ており、各種条件があったりするので、期待できないと考えた方がよさそうです。

なお、売買の取引コストは市場価格 x 0.5%。8月31日まではキャンペーンとして取引手数料は0%となります。



サービスと同じ社名のOne Tap BUYは2013年設立。2015年に証券会社として登録(第1種金融商品取引業登録)、2016年にスマートフォンに特化した証券会社としてサービスを開始しました。サービス開始1年で取引口座数は3万超。

CEOの林和人氏は、米国と比べると日本の金融資産が貯金に偏っている点を指摘し、株取引によって現金の流動性を高めたい考えです。One Tap BUYは現在、20代までの若者ユーザーが6割で、引き続き若者層に対して株取引の気軽さを演出していく方針です。

ただし、日本の金融資産が現金に偏っているのは、シニア世代の預貯金とも言われています。

Gallery: One Tap BUY | 9 Photos

506 シェア
100
176
0
230

Sponsored Contents