Sponsored Contents

pokemongoの最新記事

Image credit:

ポケモンGO激変の1か月を振り返る。レイドバトル導入、そしてルギア・フリーザー出現まで

しばらくご無沙汰だったけど、また始めたいという人は必読

Engadget JP Staff , @engadgetjp
2017年7月28日, 午後05:20 in pokemongo
182 シェア
37
75
0
70

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

サービス開始1周年を迎えた「ポケモンGO」。開発元ナイアンティックの発表では、この1年間で累計ダウンロード数は7億5000万を突破しています。

一方で、リリース当初は夢中になっていたけど、最近はご無沙汰...という方も多いはず。ところがどっこい、ポケモンGOはこの1か間で大変貌を遂げています。6月後半からのポケモンGOの変化を、Engadgetの過去記事をもとに時系列で振り返ってみましょう。

6月19日:ポケモンGOは大型更新でこう変わる(レイドバトル編):「ボスポケモン」ゲットを狙う集団ジム戦がついに

2017年6月19日、ナイアンティックと株式会社ポケモンが実施したPokémon GOの大型アップデート。ジムに関する大きな変更に続く柱となるのが、グループで「ボスポケモン」を倒す新たな集団ジム戦『レイドバトル』です。


MMORPGなどをプレイしているトレーナーにはなじみの深いシステム名通り、これは強烈な強さを持つキャラクターを、多人数で倒すというシステム。

事前説明でプレイしたところ、意外にも(?)画面は現在のポケGOの範疇に留まっているものの、全体的な流れはポケモンGOリリース前のイメージビデオ(ミュウツー戦のアレです)に近いイメージとなっています。(続きを読む

6月19日:ポケモンGOは大型更新でこう変わる(ジム編):ポケスト機能とジムバッジ追加

2017年6月19日、ナイアンティックと株式会社ポケモンは、Pokémon GOの大型アップデートを発表しました。今回の特徴的な変更点となるのは、大きく分けて2点。



機能の導入タイミングは、ジムに関しては即日リリースを開始し(実際には従来のアップデート同様若干時間差が生じます)、レイドバトルは『近日中』となります。ここでは、新しく導入されるシステムの詳細として、まずはジム周りに関してがっつりと紹介しましょう。(続きを読む

6月22日:ポケモンGO、チート捕獲ポケモンにタスキ掛け表示適用へ。博士に送ってもアメなし、バトルにも影響

Nianticが、ポケモンGO用のチートツールを使って不正に取得したポケモンにペナルティを課す模様です。開発者が海外の掲示板サイトRedditに投稿したところによると、不正取得したポケモンは一覧で見たときにタスキ掛け表示され、ジムバトルなどでも期待どおりに動作しなくなるとのこと。


この変更は新しく導入されたレイドバトルのフィーチャーにも影響し、不正取得したポケモンではたとえそれがバンギラスであろうとも大したはたらきをしなくなる可能性があります。(続きを読む

7月7日:ポケモンGO一周年で「サトシの帽子のピカチュウ」、7月7日から出現。レイドパス入り記念セールも

ポケモンGO稼働一周年を記念するゲーム内イベントの内容が明らかになりました。日本時間で7月7日から23日まで、アニメ『ポケットモンスター』(無印)の主人公サトシと同じ帽子をかぶった特別なピカチュウが出現します。


またゲーム内ストアでは、先日実装された新システム「レイドバトル」に必要なアイテム「プレミアムレイドパス」とふかそうち、復活&全快アイテム「げんきのかたまり」などがセットで割引価格なった限定商品『アニバーサリーボックス』も販売します。(続きを読む

7月20日:速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

一周年を迎えて、ポケモンGOにとうとう伝説のポケモンが登場します。


開発・運営元ナイアンティックの発表によると、でんせつのポケモンは7月22日にシカゴで開催される一周年リアルイベントに一定の条件で出現。イベント参加者が倒すことができれば、翌日23日から世界中のレイドバトルに特別なタマゴとして出現し誰でもゲットのチャンスが訪れます。(続きを読む

7月22日:ポケモンGO、伝説のポケモン出現イベント直前まとめ。全世界協力でアンロック

ポケモンGO 一周年記念イベントのハイライト、Pokemon GO Fest はシカゴ会場の現地時間で22日朝10時、日本時間で23日0時から開幕します。イベントの目玉は、ついに「伝説のポケモン」が出現する(可能性がある)こと。


詳細は伏せられているものの、世界の全プレーヤーが「キャッチチャレンジ」を大成功させればシカゴ会場に「伝説のポケモン」が出現し、もしイベント参加者が倒せば、全世界で手に入れるチャンスが生まれると見られています。(続きを読む


7月23日:まさかの『詫びルギア』爆誕。ポケモンGOイベントで大規模障害、出席者には全額返金と詫びコインも

シカゴで開催されたポケモンGO一周年記念イベント Pokemon GO Fest で大規模障害が発生し、世界中から集った出席者の多数がゲームにログインできない事態になりました。


運営元ナイアンティックはこの事態に対して、チケットの全額返金および、ゲーム内通貨のポケコイン100ドル分(1万4500コイン)、そして伝説のポケモン『ルギア』を参加者全員に配布することを明らかにしました。(続きを読む

7月23日:速報:ポケモンGO『ルギア』『フリーザー』が国内で出現開始。サンダーとファイアーもアップ中

ポケモンGOで、でんせつのポケモン『ルギア』と『フリーザー』が日本含む世界で出現するようになりました。 黒い『伝説のタマゴ』から現れる_ 特別なレイドボスとして、倒せばゲットできるチャンスが与えられます。


ポケモンGOで、でんせつのポケモン『ルギア』と『フリーザー』が日本含む世界で出現するようになりました。 黒い『伝説のタマゴ』から現れる_ 特別なレイドボスとして、倒せばゲットできるチャンスが与えられます。(続きを読む

7月26日:ポケモンGOフェスの大規模障害、原因をナイアンティックが説明「ログインの殺到でクラッシュ」

先日シカゴで開催されたポケモンGO一周年記念イベントPokemon GO Festの会場で大規模障害が発生した件につき、運営元のナイアンテックから公式ブログ上で説明がありました。同社はここで得られた経験を、今後行われる日本やヨーロッパ各地でのPokemonGOイベントに活かすと約束しています。

北米のみならず全世界から熱心なファンが集まり、広大な公園グラント・パークを会場にして開催された屋外フェスのPokemon GO(ポケモンGO) Fest。その結果は出席者の多くがログインできず、障害を埋め合わせるための返金や「詫びルギア」というパワーワードの爆誕を招いたことは既報のとおりです。

7月26日:ポケモンGO、フリーザー出現は7月31日まで!以降8月1日~8月7日ファイヤー、8月8~14日サンダー降臨!

同時に日本時間の28日朝9時まで、アメやXP獲得が2倍、タマゴの孵化や相棒のアメ発見に必要な距離が1/3など、怒涛のボーナスも全世界で有効になります。


Niantic Labsが、伝説ポケモン3種のレイドバトル出現期間を明らかにしました。なかなかのグダグダに終わった米シカゴでのイベント以降、レイドバトルに出現しているフリーザーは7月31日までで終了。しかしその後、8月にはファイヤーとサンダーが相次いで登場するとしています... (続きを読む

関連キーワード: app, niantic, pokemon, pokemongo
182 シェア
37
75
0
70

Sponsored Contents