Sponsored Contents

iotの最新記事

Image credit:
Save

iPhoneも充電できるスーツケース、エースが9月1日発売。Bluetoothで紛失防止機能も

バッテリーは取り外せるので、預け入れにも対応

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年8月8日, 午後05:02 in iot
305シェア
196
40
0
69

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View
Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

石川温, 11月16日
View

人気記事

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Google、動画を自動で漫画化する実験アプリ公開。AIポートレートカメラマンやスクラッチ動画生成も

Ittousai, 12月12日
View

エースは、スマホを充電できるスーツケース「マックスパス スマート」をプロテカブランドから9月15日に発売します。機内持ち込みサイズで、価格は税別6万6600円。

8月7日よりソフトバンク『Dot.』サイト内で予約受付開始。9月1日よりプロテカ日比谷店、エースオンラインストアで先行販売し、一般販売は9月15日を予定します。

バッテリーは取り外し可、Bluetoothでクラウド連携

「マックスパス スマート」は、バッテリーやIoT機能を備えたスーツケースです。

本体に取外し可能な5000mAhバッテリーを搭載し、一般的なスマホなら公称で2回の満充電が可能。本体にmicroUSBケーブルを内蔵しているので、別途ケーブルを用意しなくてもスマートフォンを充電できます。(iPhoneの場合はLightning変換アダプターが必要です)



また、Bluetooth通信機能も搭載。スマホとペアリングすることで、スーツケースがユーザーから一定距離以上離れると「紛失防止アラート」を鳴動させることができます。さらに、クラウドGPSトラッカーの「TrackR」と連携し、Bluetoothの到達範囲外でも全世界に数万人いるというTrackRユーザーを通し、スーツケースの最新位置を確認できるといいます。

サイズは51 x 39 x 25cm。100席以上の機内持ち込みに対応します。なお機内に預け入れる場合にはバッテリーを取り外す必要があります。

容量は39リットル、重量は3.5kg、カラーはブラック・シルバー・ホワイトの3色展開です。

Source: DOT.
関連キーワード: ace, iot, iphone, travel, traveling
305シェア
196
40
0
69

Sponsored Contents