Sponsored Contents

Apple watchの最新記事

Image credit:

熱中症予防にもApple Watchがお役立ち。「使える」アプリ4本を、標準アプリの裏ワザも交えて紹介

実はWatchの「通知だけが」見られるメリットは大きいのです

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2017年8月17日, 午後05:00 in Apple watch
268 シェア
122
36
0
110

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

View

LTEタイプが出るのではないか、と噂されているApple Watch。私は初代から使い始めて、今はApple Watch Series2のNikeモデルを使っています。

私の周囲にはAppleファンが多いので、集合すると全員Apple Watchなんてこともザラ。ただ、何に使っているかを聞くと「最近は通知がメインで、アプリはあまり使っていない」との回答も......うーん、それはもったいない。

最近はApple Watchアプリも進化していて、使えばわかる便利な機能が満載です。今日は、Apple Watchユーザーに改めてオススメしたい、Watchアプリ4本をお届けします。

定番の乗換アプリは「iPhoneで検索、自動追加」が決め手




老若男女、世代を問わず、移動中に必ず使うアプリといえば、電車の乗換案内でしょう。無料のものから月額課金制まで色々なアプリがありますが、実際使った中で、最も使いやすいと感じたのが「駅すぱあと」。

ダウンロード先は下記リンクです。
Val Laboratory Corporation「駅すぱあと - バスの時刻表や路線図の検索もできる乗換案内




経路検索はiPhoneアプリから行います。検索後、経路リストから、どれで行くかを選んで選択。

上記の画面まで来たら、あとは何もしなくてOK。情報がAppleWatchに自動送信される仕組みになっています。乗換系Watchアプリは、ほとんどの場合「Apple Watchへの登録・表示」というステップが必要なのですが、駅すぱあとには、それがありません。



「駅すぱあと」のApple Watchアプリは、イマココ(GPS連動で今いるところを表示)・経路(iPhoneで検索した経路を表示)・タイマー(出発と到着のタイマーを表示)の3つに分かれています。

右にスライドすると表示される「タイマー」は出発時刻までの時間をカウントダウン。「出発前に、コンビニで水買ってる時間あるかな...」という時に"あと何分"の数値が見えるから安心。電車の出発時刻を超えると「到着まで●●分」という表示に変わります。



左にスライドする表示される「イマココ」。GPS連動で、自分の居場所を確認するツールです。電車に乗ったはいいものの、人がいっぱいで、次の駅表示が見えない、ということ時、この機能は大変役立ちました。

イヤホンで音楽に集中していると、駅のアナウンスも聞きそびれがち。電車の中で本を読む、映画を見るなど、集中したいけれど、電車の乗換もミスしたくない、そんなあなたにオススメです。



また、Apple Watchの文字盤をカスタマイズすれば、駅すぱあとのタイマー機能が表示可能。これはNike+の文字盤ですが、左中央にある「00:39 横浜」がその表示。目的地と残り時間が表示されています。「あと、どのぐらいで到着するのかな?」と常に不安になりがちな長時間移動の新幹線でも大活躍します。

天気や雨雲を確認するならYahoo!天気




無料で使える、お天気アプリのYahoo!天気。iPhoneで使うのも便利ですが、Apple Watchなら、左手をちょっと動かすだけで、降水確率や気温までチェックできます。
ただし利用には、iPhone側での「地点登録」が必要です。登録した地点なら、現在地以外でも情報表示できるので、出張先や、これから向かう旅先を登録しておくのも良いですね。

ダウンロード先は下記リンクです。
Yahoo Japan Corp.「Yahoo!天気



そして下部に表示された「雨雲ズームレーダー」をタップすると...



登録地点の雨雲の様子を見ることができます。拡大・縮小も可能。ざっくりした感じではありますが、簡易的なチェックができて、便利です。

今からココに雨が降ります!
友達ライクに教えてくれるアメミル




お天気情報の中でも、雨に特化し、雨が降り出すことを事前にお知らせしてくれるのが、アメミル。

ダウンロード先は下記リンクです。
Shimadzu Business Systems Corporation「アメミル

もっとも便利なのがGPS追従機能。地点登録していなくても、現在地に雨が降りそうな時に知らせてくれます。
追従機能は月額120円ですが、iPhoneアプリを通じて天気の様子をツイートすると、当日いっぱい(24時まで)機能が無料開放される仕組みになっています。

iPhoneでも通知は受け取れますが、Apple Watchには、手首をトントン、とタップして通知する触覚機能があります。アメミルでこれを使うと、友人に肩をトントン、とされながら「ねぇねぇ、雨降るってよ」と言われるイメージ。

徒歩移動を考えている際に「雨、ふるよ!」と知らせがくれば、傘を買う、室内に逃げるなど、対策が取れます。事前にわかるからこそ「買い物がてら雨宿りしていく」「タクシー移動に変更する」など、予定も立てやすくなりますね。

この裏ワザ知ってた?
デジタルクラウンを回せば、数時間先の天気がわかる



さてここで、Apple Watchの標準アプリ「天気」の裏ワザを紹介しましょう。実はこのアプリ、数時間先の天気予報を簡単に知ることができます。

まずは、文字盤をカスタマイズして、「天気」を追加。
上記の文字盤の場合、下部にある「21℃ 曇り」が、天気を表示しています。この画面のまま、Apple Watchの右側にあるクラウンをグルグルと回すと、時計の針を進めることができるのですが......



ここで「タイムトラベル」機能が出現。進めた時間と連動して、天気の表示も変化します。つまりここには、「針を合わせた時間の天気予報」が表示されている、というわけ。

これは世界時計表示でも同じ。デジタルクラウンをくるくる回すだけで「日本時間の5時間後、ラスベガスは何時かな?」を簡単に知ることができるのです。

この技、知っておくと地味に便利です。

脱水症状を防ぐ夏にマストなアプリ。
水分補給を知らせるWaterMinder




最後は、今回オススメしたいアプリの中でも、ちょっと変わり種かつ、夏にマストなアプリです。
その名もWaterMinder。脱水症状を防ぐ「適切なタイミングで水を飲む」ためのアプリです。

Funn Media, LLC「WaterMinder - 水分補給のお知らせ&記録アプリ

このアプリはiPhoneのヘルスケアキットと連動し、身長、体重、活動予定量から、1日に飲むべき水分量を示してくれます。あとは、水を飲むごとにApple Watchをタップし、カウントアップしていけばOK。

仕事で歩き回る人はもちろん、太陽が当たらない室内でも危険と言われてる脱水症状。そうわかっていても、つい忙しいと水を飲むのを忘れがちですよね。
そんな人にこそ使ってほしいのが、このアプリ。こまめな水分補給を促してくれます。



文字盤に追加すると、現在地の摂取量と、これから飲むべき水分量がわかります。自分だけでなく、お子さんや家族の体調管理にも良さそうです。

通知だけ確認できるWatchは
iPhoneの「つい時間を忘れて......」を防ぐ効果も


ここまでオススメアプリを紹介してきましたが、最後にApple Watchを使っていて感じるメリットについて紹介しましょう。

私は時折、Apple Watchを使っていない方から「それ、わざわざWatchで見る必要ある?」と聞かれることがあります。「iPhoneで確認すればいいじゃないか」ということですね。

そう言われると確かにそうですが、実はWatchで確認する大きなメリットが一つあります。

それは、「うっかり手にしてしまうと時間を忘れてのめり込んでしまう魔法の小箱」であるiPhoneを触らずに済む、ということ。

iPhoneに触れたが最後、通知を確認するついでにFacebookをつい見てしまう、ついLINEでやりとりしてしまう、つい...が積み重なって、あっという間に時間が過ぎてしまう、といったことは、経験のある方が多いのではないでしょうか。

だから、必要な通知だけをシンプルに、スマートに知らせてくれるApple Watchが必要なのです。
さらにここまで紹介したアプリを使うことで、さらに乗換案内や水分補給など「うっかりミスを防ぐ秘書」にもなってくれることから、わたしの日々の強い味方になっています。

なお、余談ですが、Pokémon GOで卵を孵化させるのには、Apple WatchのPokémon GOアプリがベストです。GPS精度がiPhoneより高いので、移動距離がしっかり反映されるため、効率が良いのです。


268 シェア
122
36
0
110

Sponsored Contents