Sponsored Contents

VRの最新記事

Image credit:

Galaxy Note8用Gear VRは新モデルでの対応に、米国では本体同時の9月15日発売:VR情報局

日本での予約者プレゼントキャンペーンは今回も開催されるでしょうか?

ジャイアン鈴木 , @giansuzuki
2017年8月24日, 午前11:45 in VR
93 シェア
18
32
0
43

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

ポケモンGOで秋分イベント。スーパーふかそうち追加、すな2倍と2kmタマゴ確変など。9月23日から

View

8月23日、ニューヨークで開催されたSamsung Galaxy UNPACKED 2017にて「Galaxy Note8」が発表されました。VR情報局こと本連載担当の筆者としてはVR関連情報が気になるところでしたが、プレゼンテーションでは触れられずじまいでした。

はたしてGalaxy Note8でVRはできるのでしょうか?


すでにサムスンの日本公式サイトにはGalaxy Note8の情報が掲載されていますが、Gear VRについては触れられていません

Galaxy S8+のボディサイズは159.5×73.4×8.1mm、Galaxy Note8のサイズは162.5×74.8×8.6mm。ディスプレイサイズは6.2インチから6.3インチと0.1インチしか大型化していないので、ボディサイズもそれほど大きくなっていません。
現行のGear VR with Controllerの寸法を確認してみたところ、Galaxy Note8のサイズならギリギリ入るようにも見えます(タイトル写真は現行Gear VRの寸法を測っているところです)。

しかし結論からお伝えすると、Galaxy Note 8用には新型の「Gear VR with Controller」が用意されます。


サムスンの米国サイトから転載

The Galaxy Note8 will also be compatible with the new Gear VR with Controller, which will be available for pre-order starting August 24 at Samsung.com, Amazon.com and Best Buy, as well as AT&T, Sprint, Verizon and US Cellular. The new Gear VR with Controller will go on sale starting on September 15 for $129.99 at these retailers, plus T-Mobile and other select national retailers.

Galaxy Note8は8月24日からSamsung.com、Amazon.com、Best Buy、AT&T、Sprint、Verizon、US Cellularなどで予約開始予定の新型「Gear VR with Controller」と互換性があります。 新型「Gear VR with Controller」は、9月15日からこれらの小売店や、T-Mobile、ほかの一部の全国小売店で129.99ドルで販売される予定です。

サムスンの米国サイトには新型Gear VRに関する記述がありました。Galaxy Note8と同時に新たな「Gear VR with Controller」が発売されるわけです。現行のGear VR with Controllerは利用できないようですね。


Samsung Galaxy UNPACKED 2017のタッチアンドトライコーナーでは、新型Gear VR with Controllerが展示されていました(※写真提供:中山智氏)

さて、Galaxy Note8でのVR体験は、Galaxy S8+以前となにか変わるのでしょうか? Galaxy Note8が約6.3インチQuad HD+ Super AMOLED(2960x1440ドット、521ppi)、Galaxy S8+が約6.2インチQuad HD+ Super AMOLED(2960x1440ドット、529ppi)。

画面サイズがわずかに大きくなっていますが、解像度が据え置きなので、画面解像度は529ppiから521ppiに低下しています。しかし、このほんのわずかな画面解像度の違いは体感できないはずです。

プロセッサはSnapdragon 835で据え置きですが、RAMはGalaxy S8+が4GB、Galaxy Note8が6GBと大容量化されています。しかし4GB対6GBとなると、大容量アプリを切り替える際にこそRAM増量の恩恵がありますが、ひとつのアプリの動作速度に変化はないでしょう。

日本のユーザーにとっては、2014年に発売された「Galaxy Note Edge」以来、3年ぶりの新型NoteシリーズとなるGalaxy Note 8。
VRマニアとしては、どうせ新型Gear VR with Controllerを発売するならなんらかの進化があってほしかったですが、現在は新機能より、すべてのGalaxyシリーズ間での互換性を重視しているように見えます。

しかしこうなると、Galaxy Note8と新型Gear VR with Controllerを購入したユーザーには、コントローラーがだぶってしまう人も相当数いるはずです。せめてコントローラーの両手持ちぐらいには対応してほしいですね。

関連キーワード: Galaxy, galaxy note 8, gear vr, Samsung, Samsung Galaxy, VR
93 シェア
18
32
0
43

Sponsored Contents