Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:

HTC、VRヘッドセットVIVEを含むVR事業の売却を検討か(Bloomberg報道)

会社全体の身売りも検討しているとか

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年8月25日, 午後01:45 in mobile
302 シェア
95
141
0
66

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


最近ではVRヘッドセットVIVEのヒットにより、VR機器メーカーとの印象も強くなっているHTCですが、その成功している事業であるVR事業の売却を検討しているとBloombergが報じています。

関係者によると、HTCは戦略的投資家の受け入れや、VR事業の売却、または独立を検討しており、アドバイザーと共に非公開での協議が行われているとのこと。HTCの会社全体の売却も選択肢としては検討されているようですが、これは売却先候補の一つと明らかになじまないため、可能性は低いとしています。

これに先立ち、HTCは昨年、完全持株子会社の「HTC Vive Tech Corporation」を設立、Viveを含むVR事業をそちらに移しています。今回の売却はこの子会社についてのことと考えられます。

ちなみに、HTC VIVEは先日値下げが発表されたばかり。

HTC VIVEが約20%引きの7万7880円に値下げ。360度お絵かきソフト「Google Tilt Brush」を付属


HTCは、初のGoogle製スマートフォンNexus Oneを手掛けた他、Desireシリーズなど人気端末を多く輩出する、世界最大のスマートフォンメーカーの1つでした。しかし、近年はSamsungのGalaxyシリーズなど他社のハイエンド端末に埋もれ、ミドルクラスではOPPOやVIVOなどの中国メーカー勢に追い抜かれるなど不振が続いています。

Bloombergによれば、HTCの株式は過去5年で75%の市場価値を失い、スマートフォンのシェアも2%を切っているとのこと。

今年発売したHTC U11は評価が高く、昨年に続き、今年発売されるGoogleの新型Pixelの製造も手掛けるとの話もあり、明るい話題も増えてきています。しかし、AppleやSamsungのように誰でも知っている社名でもなく、いい製品を作ればすぐに業績が回復する状況ではなさそうです。

HTC U11発表、握って操作する新フラッグシップ。Alexa標準搭載、ハイレゾNCヘッドホン同梱


なお、売却の話は何も決まっていることはなく、見送られる可能性もあるとしています。

Source: Bloomberg
関連キーワード: htc, htcsale, HTCVive, mobile, smartphone, vr
302 シェア
95
141
0
66

Sponsored Contents