Sponsored Contents

dellの最新記事

Image credit:

デルのMRヘッドセット『Visor』公開。350ドルでSteam VRも対応のWindows Mixed Reality端末

Quakeのヴァイザー格好いいよね(雑談)

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年8月29日, 午前06:00 in Dell
402 シェア
42
286
0
74

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

View


欧州のIT見本市 IFA を控えて、デルが Windows Mixed Reality 対応のヘッドセット『Dell Visor』を公開しました。

単体で350ドル、ハンドコントローラ付属450ドルと安価でありながら、Steam VRを含むVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、マイクロソフトの提唱する MR(複合現実)コンテンツに対応。

バイザーの名のとおり、装着したままレンズ部分を跳ね上げて視界を確保できる構造です。


Dell Visor は、今年の1月にエイサーやレノボなどと並んで予告されたWindows Mixed Reality 対応ヘッドセットのひとつ。

PCに有線接続して使う製品ですが、外向きの広角カメラを複数備えて外界の環境を画像認識することで、外部センサ不要の「Inside Out」式ポジショントラッキングに対応します。

PC向けVRヘッドセットとして先行する Oculus Rift や HTV Vive は、あたまの向きだけでなく位置まで広く認識して仮想空間に反映できるポジショントラッキングに対応しますが、外部にカメラセンサやマーカーを置く必要があるために、ケーブルが増えたり見通しを確保して複数のセンサを固定するなどセットアップの手間が増え、気軽に持ち運べない弱点があります。

しかし Dell Visor ほか数社から発表済みのWindows Mixed Reality ヘッドセットは、統合されたカメラで外界を認識して単体で頭部の動きや位置を把握できるため、セットアップが容易で、持ち歩いてもすぐに使える利点があります。

現時点で判明している仕様は、1440 x 1440パネルを両眼にひとつずつ、跳ね上げ式のバイザー、ホイールでフィット調節、締めつけ感を軽減するスマートバランス設計など。

Dell Visor の出荷時期は今年のホリデーシーズン。価格は単体で349.99ドル、両手にひとつずつのモーションコントローラ同梱パッケージは100ドル高い449.99ドル。米国ではDell.comに加えてマイクロソフトストアや量販店の Best Buy で販売予定。詳しい情報は来週にかけての IFA 2017 で公開される見込みです。

Source: Windows Blog
関連キーワード: dell, mixed reality, MR, visor, VR, windows mixed reality
402 シェア
42
286
0
74

Sponsored Contents