Sponsored Contents

360の最新記事

Image credit:

LTE内蔵360度カメラをエイサーが発表。単体で4K配信、車載モデルVision360は自動でクラウドに証拠保全

360度カメラ大豊作の秋

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年8月30日, 午後11:01 in 360
327 シェア
117
127
0
83

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



欧州のIT見本市IFAで、エイサーがオールインワン360度カメラ Holo360 および車載モデル Vision360 を発表しました。両機種ともLTE通信に対応し、単体で4Kストリーミング配信やアップロードが可能です。

フロントガラスの内側に設置するVision360は走行中に周囲を録画するほか、駐車中に衝撃を受けた際は自動で録画を開始し、ドライバーへの通知と同時にクラウドへ証拠映像を保全する機能を備えます。



四角い箱の裏表にレンズがついたこちらは、4月に予告済みのオールインワンモデル『Holo360』。中身は Qualcomm の コネクテッドカメラプラットフォームとSnapdragon 626プロセッサを、OSにAndroid 7.1を採用します。

単体で動画のステッチや4Kストリーミング配信に対応するほか、3インチのタッチ画面でAndroidアプリを使い、さまざまなSNSや配信サービス、クラウドストレージなどへ直接アップロードや共有ができる点が特徴です。

360度カメラとしての基本性能は最大4K動画、6.9K静止画撮影など。北米向けには今年11月、防水ケース同梱429ドルで販売予定です。

Gallery: Acer Holo360 LTE対応360度カメラ | 5 Photos







車載型のVision360は、フロントガラスの内側に設置するタイプ。前方180度と、車内を通して後方180度をカバーします。こちらも4K動画の撮影が可能です。ドライブレコーダー的に周囲を撮影するほか、クラウドサービスを通じて

・走行中に衝撃を検出した場合、自動でGPS座標とともに状況を録画し、映像を内蔵のセキュアストレージおよびクラウドに保全。

・駐車中に衝撃を検出した場合、自動で録画&アップロードすると同時に、ドライバーのスマートフォンへ通知を送る

・スマートフォンを通じてリモートからアクセスし、現在地のGPS座標や映像を確認する。

といった機能に対応します。Vision360 の価格や発売時期は未詳。

Gallery: Acer Vision360 車載360度コネクテッドカメラ | 3 Photos




スマートフォンと合体したり無線接続するタイプの360度カメラは各社が販売していますが、カメラを固定して配信するとスマホが使えず不便だったり、接続や同期が面倒だったり、双方のバッテリーを消費して困る場合もあります。

Holo360の3インチ画面で動画の確認や編集まではやりにくそうですが、スマートフォンのテザリングやWiFiアクセスポイントも要らず単体でネット配信やアップロードができたり、常にカメラ設定やライブビューを確認できるのは便利そうです。



なおエイサーはIFA 2017のキーノートプレゼンで、さらにプレミアムな360度カメラ Xtro360も予告しました。

流行りの狭額スマートフォンのように見えますが、前後に180度レンズで360度撮影と、背面には通常のカメラも搭載します。

関連キーワード: 360, acer, cameras, car, holo360, vision360, xtro360
327 シェア
117
127
0
83

Sponsored Contents