Sponsored Contents

Batteryの最新記事

Image credit:

山手線火災の原因は「安物のモバイルバッテリー」

命を奪う恐れも

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年9月11日, 午後07:15 in Battery
989 シェア
598
280
0
111

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View

JR山手線車内で9月11日午後、男子大学生が背負っていたリュックサックから発火する事故が発生。その原因は「モバイルバッテリー」であることがわかったと、警視庁の話としてNNNが報じました。

男子大学生は「2年前くらいに秋葉原で一番安い物を買った。2日前にフル充電した」と話しているとのこと。

JR山手線では昨年(2016年)12月にも発火事件が発生。その原因もモバイルバッテリーでした。

モバイルバッテリーで一般的に使われるリチウムイオン電池は、小型ながら大容量の電気を蓄えられる反面、常用領域と危険領域が近接。適切な電圧の制御が欠けていたり、衝撃を与えたりすると、発火しやすい性質で知られています。モバイルバッテリーを飛行機で預け入れ手荷物にできないのも、この発火しやすい性質のため。

このような危険もあるモバイルバッテリーですが、市場では低価格の粗悪品も流通しています。粗悪品の見分け方としては「PSEマーク」の有無などがありますが、丸いPSEマークはあくまで自己申告。消費者としては、安いからとむやみに購入せず、信頼できるメーカーのモバイルバッテリーを購入するなどの自衛策を講じる必要がありそうです。

Source: NNN
関連キーワード: Battery, mobileBattery, smartphone
989 シェア
598
280
0
111

Sponsored Contents