Sponsored Contents

Softwareの最新記事

Image credit:
Save

macOS High Sierraは9月26日、iOS 11とwatchOS 4は9月20日にそれぞれ正式公開

続々

Munenori Taniguchi
2017年9月13日, 午前11:30 in Software
290シェア
91
131
0
68

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ARM版Windows 10は64ビットアプリが動作せず。マイクロソフトが「制約」を一時公開した後に削除

ARM版Windows 10は64ビットアプリが動作せず。マイクロソフトが「制約」を一時公開した後に削除

Kiyoshi Tane, 10 時間前
View
 
アップルがウェブサイトにてmacOS、iOS、watchOSのそれぞれ最新版リリース日を明らかにしています。いずれも6月のWWDCで発表されたOSで、一部はパブリックベータ版が公開されていました。

まずmacOS High Sierraは9月26日にリリース。新しいApple File Systemをはじめ、動画コーデックとしてH.265(HEVC : High Efficiency Video Coding)をサポート、H.264に比べて最大で40%の圧縮効率を引き出します。またグラフィックスAPIは「Metal 2」にアップデート、Thunderbolt経由の外付けGPUをサポートします。

そのほか、Siriの機能拡大、写真アプリのUI改善と編集機能の強化などを盛り込んでいます。
iOS 11は9月20日の配信開始。コントロールセンター画面が大きく改良され、ユーザーによるカスタマイズが可能になります。またSiriにはリアルタイム翻訳機能がくわわり、英語と中国語やドイツ語、フランス語への翻訳が可能に。SiriはさらにユーザーのApple Music再生履歴を解析して、DJのようにユーザーの好みの音楽を再生することもできるようになります。

ほか、AirPlay 2は複数の部屋に置いた機器どうしで連携して再生できるマルチルーム再生機能に対応。Apple Musicもプレイリスト共有やFLAC再生機能のサポートも加わります。FLACが再生できるとなるとハイレゾ音源も楽しめそうな気がするものの、実際はiPhoneの制約によって48kHz/24bitにダウンコンバート再生されることになります。とはいえネイティブでFLAC再生がサポートされることで、音源のファイル形式の統一もしやすくなるはずです。
watchOS 4も9月20日にリリースされます。watchOS 4の特徴は強化された心拍計サポートとワークアウト機能を強化するGymKitの搭載、Siriサポートの機能追加、音楽再生機能などが加わっています。
290シェア
91
131
0
68

Sponsored Contents