Sponsored Contents

audioの最新記事

Image credit:
Save

段違いの力強さ。AK70後継のハイレゾプレーヤー「AK70MKII」10月14日発売

段違いと言い切れるほどにアップグレード

Hirotaka Totsu
2017年9月20日, 午後01:30 in audio
118シェア
18
53
0
47

連載

注目記事

人気記事

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View



「Astell&Kern」(アステルアンドケルン)のエントリー向けハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー AK70の後継モデル「Astell&Kern AK70 MKII」が2017年10月14日(土)より発売されます。

エントリー向けモデルでありながら、上位モデルに差し迫る機能・性能。価格はオープンで、直販価格が7万9980 円(税込)です。

Gallery: AK70MKII | 53 Photos

53



AK240 と同様の「CS4398」デュアル DAC 構成を採用。SP1000 の回路設計を踏襲してアンプ部が強化されています。実際に聴いてみると、アンバランス(3.5mmステレオジャック)接続の場合にはそれほどの違いは感じませんでしたが、バランス接続の場合のパワフルさが明確にわかりました。



AK70MKIIは、新しいカテゴリ「A&・・・」には属しませんが、基本スペックの向上により、ライン全体の底上げが図られます。



その他、以下の機能、スペックを備えます。

  • DLNA ネットワーク機能「AK Connect」搭載。ストリーミング再生やスマホからの遠隔操作などにも対応。
  • プレーヤー本体から直接楽曲を購入できる、ストア機能搭載
  • USB AUDIO デジタル出力をサポート。DSD ファイルは DoP での伝送にも対応 *PCM:384kHz/32bit DoP:DSD128(5.6MHz/1bit)まで。
  • PC と接続して USB DAC として使用可能*PCM:96kHz/24bit まで
  • Bluetooth ver.4.0 搭載、aptX HD 対応




その他オプションとして、本体に直接 CD をリッピングできるAK CD-RIPPERもバージョンアップし、「AK CD-RIPPER MKII」となります。AK70 MKIIは、AK CD-RIPPER/AK CD-RIPPER MKII両モデルに対応します。



実際の視聴では、従来モデルのAK70と比較することもできました。アンバランス接続では明確に大きな違いを感じることができませんでしたが、上記の通り、バランス接続でのパラフルさが段違いと言い切れるほどにアップグレードされていました。



様々なアーティストの曲を聴き比べてみましたが、よりAK70らしさというサウンドに仕上がって聞こえたのが、花澤香菜さんの楽曲でした。さすが、コラボレーションモデルを出しているだけあって、最適化されているなと感心しました。



関連キーワード: ak, AstellandKern, audio, PortableAudio
118シェア
18
53
0
47

Sponsored Contents