Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 8で「総務省指定」の刻印なくなる。理由は?

背面がすっきり

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年9月21日, 午後05:30 in Apple
430シェア
162
148
0
120

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事


iPhone 7 / Plusで賛否両論のあった「総務省指定 MIC/KS」の刻印。これがiPhone 8 / Plusで消えていることはご存知でしょうか。「Designed by Apple in California Assembled in China」の印字も無くなり、よりすっきりした見た目になりました。

そもそもなぜiPhone 7 / Plusには「総務省指定 MIC/KS」と刻印されていたのでしょうか。

その理由はFeliCaにあります。iPhone 7 / PlusがFeliCaに対応したことで、電波法が定めるところの「高周波利用設備」の「誘導式読み書き通信設備」に該当するように。このため、当時の制度では本体表面の見やすい箇所に「総務省指定 第X号」「MIC/KS」と表示することが求められました。

iPhone 8 / Plusも引き続きFeliCaに対応します。にもかかわらず、なぜ「総務省指定」の刻印がないのでしょうか。その理由は2017年4月17日付けで告示された、電波法施行規則の改正にあります。



この改正により、総務省指定刻印の「電磁的表示」が可能になりました。

この「電磁的表示」とは、認証マークをソフトウェア的に画面上に表示できさえすれば、本体への刻印を省けるというもの。技適などでもすでに導入済です。iPhone 8 / Plusではこの法改正により、総務省指定刻印をソフトウェア表示で済ませられるようになったわけです。

前モデルのiPhone 7 Plus(国内版)に刻印されていた総務省指定の刻印


iPhone 8 / Plusでは「設定>一般>認証」の項目に電磁的表示されている


左がiPhone 8 Plus、右がiPhone 7 Plus

そのほか、iPhone 8 / Plusでは「 Designed by Apple in California Assembled in China」の刻印も廃止に。材質がアルミからガラスに変わったこともあり、iPhone 7 / Plusからの乗り換えでも十分に所有欲を満たせるほどには、外観の印象が変わっています。

(更新:9/21/20:00)初出時「電波法の改正」としていましたが、正しくは「電波法施行規則の改正」でした。訂正しお詫び申し上げます。

関連:

Source: 総務省
関連キーワード: apple, iphone, iPhone8, iphonex
430シェア
162
148
0
120

Sponsored Contents