Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:

iOS 11の「メモ」は紙書類も扱える。大幅強化で「書類のスキャン」が可能に:iPhone Tips

残念ながらOCR機能までは搭載しませんが、傾き補正は搭載します

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年9月29日, 午前11:30 in iphone tips
836 シェア
349
128
0
359

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


iOSの大型バージョンアップでは、いくつかの標準アプリで機能強化が図られるのが通例です。iOS 11でもいくつかのアプリで機能が強化されましたが、中でも目立たないながら注目なのが「メモ」アプリ。なんと、カメラで撮影した書類のスキャン・保存ができるようになったのです。
文字データへの変換、いわゆるOCR機能は現状では非搭載ですが、傾き補正機能は搭載するため、斜めから撮影しても正面からのように補正し、保存できます。

機能自体はサードパーティ製アプリでおなじみですが、書類をスキャンするために、わざわざアプリをインストールする必要がないのは大きなメリット。操作も簡単です。
書類以外にも、名刺や伝言メモなど、手でメモするのがちょっと面倒な紙のデータはどんどんスキャンし画像データとして保存しましょう。

「メモ」アプリで「書類をスキャン」を選択

「メモ」アプリで書類をスキャンするには、キーボードの上部にある「+」アイコンをタップしましょう。そのあと「書類をスキャン」をタップすると、スキャン画面に切り替わります。


▲「+」をタップ(左)。「書類をスキャン」をタップする(右)

スキャン画面が表示されたら、画面上の黄色い枠をスキャンしたい書類に合わせましょう。このとき、黄色い枠が書類にぴったり当てはまると、シャッターボタンを押さなくても読み込みが開始されます。読み込みが終わったら、画面右下の「保存」をタップしてください。


▲黄色い枠を書類に合わせる(左)。読み込みが済んだら「保存」をタップする。これでスキャンした書類を保存できた(右)


きれいにスキャンできてメールへの添付も可

実際にスキャンした書類を見るには、メモの作成画面にある「スキャンした書類」をタップしましょう。


▲「スキャンした書類」にある書類の画像をタップする(左)。書類が表示された(右)

普段から、ちょっとしたメモや書類を写真に撮って保存する人も多いと思います。しかし、影が写り込んだり光が反射したりと、撮った写真が必ずしも見やすいものではないのが難点でした。

iOS 11で追加されたスキャン機能なら、書類をきれいに保存できます。自分であとから見返すのはもちろん、メールに添付してほかの人に確認してもらうことも可能です。書類の整理や共有に、このiOS 11「メモ」新機能を活かしてみてはいかがでしょう。

836 シェア
349
128
0
359

Sponsored Contents