Sponsored Contents

sonyの最新記事

Image credit:

ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ

なかなか顔をあわせられない家族向け

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年10月17日, 午後02:18 in Sony
713 シェア
342
202
0
169

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



ソニーモバイルが、Xperia 印のロボット製品 Xperia Hello! G1209を発表しました。Xperia Hello! は「家族一人ひとりを認識し、自ら話しかけることで、日々の暮らしをアシストするコミュニケーションロボット」。

マイクアレイで声を認識して会話ができる点は他社のスマートスピーカー製品と同じですが、Xperia Hello! はカメラと人感センサを備え、家族を認識すると能動的に話しかける点、伝言や通話を助けたり会話のきっかけになることが特徴。

高さ20cm、直径10cmほどの本体は全体が回転して話す相手のほうを向けるほか、上部には目で表情を表すランプ、胸部分にはタッチ画面を備え、スマートフォンとのビデオ通話やビデオメッセージの再生などに活用できます。

Gallery: Xperia Hello! コミュニケーションロボット 製品写真 | 13 Photos






ハードウェアとしての仕様は、直径 111 x 高さ216mm、重さ1085g。中身は Snapdragon 650プロセッサ、3GB RAM、32GBストレージ。Android 7.1。胸部分のタッチスクリーンディスプレイは4.6インチ1280 x 720。要はAndroidベースの据え置きロボットです。

カメラは裏面照射型CMOSセンサ1320万画素、マイクは7ch、センサは加速度やGPS・ジャイロ・気温・湿度・人感など。走り回る機能はありませんが、本体を340度回転させて向きを変えること、頭の上下・左右でコミュニケーションを助ける動きが可能。

2300mAhのバッテリーも搭載するものの、使用時はACアダプタに接続して使います。

可動式の顔と眼を持つ意味は、表情のコミュニケーションと「家族の一員としての可愛らしさ」。伝言や通話を取り次いで家族間のコミュニケーションを促進するだけでなく、Xperia Hello! 自体がロボットとして家族に加わることを想定しており、「拗ねる」「盛り上げる」「喜ぶ」といった表現ができます。

音声エージェントとの会話機能は各社がスマートスピーカーとして販売していますが、Xperia Hello!はみずから周囲の環境を認識して、家族を見かければそちらを向いて話しかけ、個人あての伝言や、相手に応じたニュースや交通情報などの通知を伝えます。

ほか、家族間のコミュニケーションを促進する機能は、Skype対応でスマートフォン やPCとのビデオ通話、本体にビデオメッセージの記録再生、LINE で家族間の伝言。

LINEで伝言はロボットを介さずLINEで送れば良いのでは?とも思えますが、ロボットが伝言を預かって家族の顔を見たときに読み上げることで、相手がスマートフォンやLINEを使っていない子供でも、家で顔を見せたタイミングで伝えられる点は便利です。

またLINEを通じた見守り機能で、「いつ誰の顔を認識したか」(家族の誰がいつロボットの監視内に入ったか)の確認や、家のなかの写真を撮影することも可能。回転できるため、Xperia Hello!を置いてある部屋を360度撮ってリモートで確認できます。


Xperia Hello! の発売日は11月18日、市場想定価格 15万円前後。なかなか顔を合わせられない家族がロボットを介した伝言でコミュニケーションするPVを見るにつけ、開発陣が家に帰れているのかやや心配になります。

Gallery: Xperia Hello! コミュニケーションロボット 製品写真 | 13 Photos

713 シェア
342
202
0
169

Sponsored Contents