Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

今年は9月だけじゃないんです

石川温
2017年10月20日, 午後05:30 in Android
496 シェア
194
166
0
136

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事



10月18日、NTTドコモが2017-2018冬春モデル・全15機種のスマホを発表した(一部、新色含む)。ソニー「Xperia XZ1」、サムスン「Galaxy Note8」、LG「V30+」といった、メーカーのフラグシップモデルだけでなく、NTTドコモオリジナル商品として、MEDIAS Wの再来ともいえる、2画面折りたたみスマホ「M」まで投入してきた。

さらに、ディズニースマホやdocomo with対応機種、らくらくスマホmeまで揃えるなど、プレスリリースを読むだけでもお腹いっぱいになる内容だ。一方、「やる気あるのか」と問い正しくなるのが、auとソフトバンクだ。両社はいまのところ、NTTドコモのような大規模な発表会は予定されていない。


プレスリリースだけで明らかにされたラインナップを見ても、auは、Galaxy Note8、Xperia XZ1、AQUOS senseの3機種のみ。ソフトバンクも、Xperia XZ1、AQUOS R compactとAQUOS Rの新色追加しかない。これでもかと、新製品を大量投入してきたNTTドコモが、若干、空気が読めていない感が出てきてしまうほどだ。

ただ、発表された新製品が少ないからといって、これでauとソフトバンクを軽蔑するのは間違いというものだ。



ソフトバンクがメディアに送ったプレスリースを紹介するメールには「2017-18年冬春商戦向け新商品について」というタイトルがついていた。しかし、auのKDDI広報からのメールは「au2017秋モデルの取り扱いについて」というタイトルだったのだ。

つまり、auの3モデルはあくまで「秋モデル」という位置づけであり、おそらく「冬春モデル」が別に存在する可能性が極めて高い。

実際、某メーカー関係者のなかには、「飯田橋(KDDIの本社がある)方面も準備中」と意味深なことを語る人もおり、追加のラインナップ投入があると見て間違いないだろう。



NTTドコモの新製品発表会は、携わる関係者の数も多く、どうしても正式発表前に、業界内に日程が知れ渡ることが多い。実際、今回の10月18日という日付も、かなり前から業界内では噂されていた日程であった。

KDDIやソフトバンクは、「10月18日にNTTドコモが大規模な発表会をやるらしい」という情報をキャッチすると、例えば、その前日に自社が用意している新製品ラインナップのうち、NTTドコモと競合する機種だけを先にプレスリリースで発表してしまう、という先手を打ってきていた。

今回もKDDIが、NTTドコモと競合する3モデルを1週間前の10月11日にプレリリースで発表。ソフトバンクはNTTドコモの前日となる10月17日にプレスリリースを出している。新製品を発表するタイミングも、3社で熾烈な情報戦によって、駆け引きが行われているのだ。



iPhone X デー

今年の冬商戦は、例年とは異なり「異常事態」が起きている。

本来であれば、各キャリアの新製品発表会が開催されたり、プレスリリースが出されたのちは、ショップでAndroidの新製品を並び、盛り上がりを見せるものだ。8月から9月にかけて、新製品を発表したAndroidメーカーの担当者は「急いで9月中に発売しても、ショップ店頭はiPhone一色になっている。ほとぼりが冷めた10月以降に出した方が注目されるので、我々にとっては10月以降に発売されたほうがありがたい」と語っていたことがあった。

しかし、今年は、11月3日に「iPhone X」の発売が控えている。



iPhone Xに関しては、発売当初から調達量が足りないのではないかとみられており、年明けまで在庫薄が続くのではないかという話もある。「iPhone Xを待っている人」もいれば、「とりあえずiPhone Xを触ってみてから、iPhone 8とどちらにするか判断する人」もいる。

いずれにしても、11月以降もしばらくiPhone関連で、ショップがざわつくことが予想されるため、Android陣営にとっては、あまり面白くない状況になりつつある。


また、目下、キャリアにとって頭痛のタネなのが、「11月3日をどう過ごすか」ということだ。

iPhoneの発売日は、各社とも社長やCMタレントが登壇し、午前8時から発売セレモニーを実施するのが恒例行事となっている。ここ数年は、事前に予約を取るようになったため、購入希望者の大行列こそできないが、それでもCMタレントが登壇するということもあり、芸能マスコミなどが集まるイベントとなっている。
しかし、今年に関しては、すでにiPhone 8発売日の9月22日にイベントを実施済みだ。

もう1回、iPhone X発売日の11月3日に大規模な店頭イベントをやるべきか。実施したとしても「特にiPhone Xに向けた販売施策を語ることがない」として、各社とも「やるか、辞めるか」で相当、悩んでいる。すでに「やらない」と決めたところもあれば「たぶん、やりそう」というところもある。

11月3日にiPhone Xの発売が盛り上がれば、さらにiPhoneに注目が集まることになる。その後、しばらく、ショップはiPhone目当ての客が殺到するだろう。Android陣営にとっては、厳しい冬商戦になるかもしれない。

関連キーワード: android, au, docomo, iphone, iPhone X, softbank
496 シェア
194
166
0
136

Sponsored Contents