Sponsored Contents

ios 11の最新記事

Image credit:
Save

iOS 11で刷新された「コントロールセンター」の使い方:iPhone Tips

使いこなすには「プレス」が必須

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年10月30日, 午前11:00 in Ios 11
408シェア
82
153
0
173

連載

注目記事

人気記事

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

Ittousai, 1月20日
View
中国、新疆ウイグル自治区で顔認識システム運用をテスト。指定地域から300m以上離れると当局に警告

中国、新疆ウイグル自治区で顔認識システム運用をテスト。指定地域から300m以上離れると当局に警告

View

コントロールセンターは、iOS 11のリリースによって一新された機能のひとつです。ボタンの数が増えただけでなく、タイマーでの測定時間やライトの強弱などを、画面を指で押し込むように触れる「プレス」(iPhone 6の場合、長押し)から直感的な操作で設定できるようになりました。

今回は、コントロールセンターからプレスで行える操作を中心に紹介します。新しくなったコントロールセンターを使いこなしましょう。

Gallery: コントロールセンターを「プレス」で使いこなそう | 5 Photos

5

タイマーやライトを直感的に使おう 

iOS 10以前のiPhoneでは、コントロールセンターのボタンを「プレス」してできる動作は限られていました。たとえば、タイマーで計れる時間は「1時間」「20分」「5分」「1分」の4つに限られており、ライトの明るさも「明るい」「普通」「暗い」の3段階からしか選べませんでした。

iOS 11のコントロールセンターでは、ボタンをプレスしたあと、より幅広い選択肢からタイマーの時間や明るさの段階を選べます。

まずは、タイマーの使い方を見てみましょう。コントロールセンターを表示し、タイマーのボタンをプレスしてください。画面に目盛が表示されることがわかります。この目盛を上下になぞると、タイマーの時間を1分から2時間の12段階から選択できます。


▲コントロールセンターを表示し、タイマーのボタンをプレスする(左)。表示される目盛を上下になぞり、タイマーの測定時間を設定する。「開始」をタップすると測定がはじまる(右)

次に、ライトの使い方を見てみましょう。ライトのボタンをプレスすると、目盛が表示され、ここでも目盛をなぞるという直感的な操作で設定を変更できます。


▲コントロールセンターでライトのボタンをプレス(左)。目盛をなぞってライトの強さを調整する(右)


AirDropの設定もプレスで起動する

iOS 11にアップデートしたあと、「コントロールセンターにAirDropの設定ボタンが見つからない」と思いませんでしたか? iOS 11でAirDropの設定画面を表示するには、Wi-Fiや機内モードのボタンなどワイヤレスオプション関連のボタンがまとまっているコーナーを、プレスする必要があります。次に、AirDropのボタンが表示されるので、これをタップしましょう。これでAirDropの共有範囲を選べます。


▲コントロールセンターでワイヤレスオプション関連のコーナーをプレス(左)。AirDropのボタンをタップする(右)


▲Air Dropの共有範囲を選択する

関連キーワード: ios 11, iphone, iphone tips, tips
408シェア
82
153
0
173

Sponsored Contents