htcの最新記事

Image credit:
Save

HTC VIVEの無線化キットは2018年2月発売、ケーブルレスでルームスケールVRが可能に

TPCastはOculus向けも開発中とのこと

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年11月1日, 午後03:30 in Htc
135シェア
13
73
0
49

連載

注目記事

人気記事

ポケモンGOに期間限定の『確定タマゴ』。ボスゴドラほかホウエン地方23種も追加

ポケモンGOに期間限定の『確定タマゴ』。ボスゴドラほかホウエン地方23種も追加

Ittousai, 7 時間前
View
iPhone 6 Plusを修理に出せばiPhone 6s Plusに交換の可能性あり? アップルが内部文書で指示との噂

iPhone 6 Plusを修理に出せばiPhone 6s Plusに交換の可能性あり? アップルが内部文書で指示との噂

Kiyoshi Tane, 14 時間前
View
エイサー、SIMフリー Chromebook 11 LTEを今春投入。ドコモ回線で高速通信が可能に

エイサー、SIMフリー Chromebook 11 LTEを今春投入。ドコモ回線で高速通信が可能に

PR TIMES, 6 時間前
View

アスクは、VRヘッドセット「HTC VIVE」をワイヤレス化するキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を日本国内で2018年2月に発売すると発表しました。価格は3万円台後半(税抜)になる予定。

HTC VIVEは部屋の中をある程度自由に動き回れるルームスケールVRを売りにしていますが、PCとの有線接続が必要なため物理的に動きが制限されてしまいます。最近はVR用にバックパック型のPCも発売されていますが、TPCAST Wireless Adapter for VIVEを使えば、煩わしいケーブルを無くし、無線接続が可能です。無線化することで気になる遅延も、2ms以下とのこと。

キットはPCに取り付ける送信機「PC TX Module」、VIVE本体に取り付ける受信機「RX Module」、電源ユニット「Power Box」などで構成。



標準バッテリーでは約1時間半のプレイが可能で、より大容量なバッテリーも装着出来ます。詳細は不明ですが、紹介動画を見るとANKERのモバイルバッテリを使用するようです。



なお、TPCAST Wireless Adapter for VIVEは、中国のスタートアップTPCastが開発したもの。VR関連のスタートアップを支援するVIVE X アクセサレータープログラムにも選ばれており、中国のHTCサイトでは2016年11月に予約が開始。欧米でも2017年10月に予約が始まっています。

Source: ASK
135シェア
13
73
0
49