Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:

ゲーミングスマホ「Razer Phone」発表。最大120Hz駆動のIGZOとSnapdragon 835でゲームがヌルヌル

RAMは8GB

Munenori Taniguchi
2017年11月2日, 午後02:00 in Mobile
640 シェア
93
478
0
69

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

 ゲーミングPCや周辺機器で知られるRazerが、初のスマートフォン製品「Razer Phone」を発表しました。最大リフレッシュレート120Hzの5.7型IGZOの「ULTRAMOTION」液晶パネルを搭載、SoCにはSnapDragon 835、RAMは8GBを備えます。

 
RazerといえばゲーミングPCですが、そのRazerが2017年初頭にスマートフォンのスタートアップ企業だったNextbitを買収したことから、早晩Razer印のスマートフォンが登場するだろうことは誰もが予測するところでした。

Razer Phoneは、その濃いブラックと背面のRazerロゴで精悍でエッジが効いた印象であるものの、基本デザインはNextbitのRobinの流れを受け継いでいます。ただ、本家EngadgetのハンズオンレビューによればベースとなったRobinよりはるかに強度感が増しており、Robinの弱点のひとつだったバッテリーも4000mAhに強化されているとのこと。

Gallery: Razer Phone | 12 Photos




ディスプレイは前述の通り最大リフレッシュレート120Hzの5.7型IGZO液晶を採用、解像度は1440 x 2560px。120HzといえばiPad Proと同じ値です。

実際120Hzの効果は顕著なようで、Final Fantasy 15 Pocket Editionのようなゲームでは特にそのなめらかな動きが印象的にみえる模様。このゲームの場合、Razer Phoneにインストールされるときにアプリ側でフレームレートを最適化しているとのことです。
またSoCに採用されるSnapdragon 835の、8コア+Adreno 540 GPUという構成も、そのなめらかな動作に大きく貢献しているはずです。

前面には画面の上下にステレオスピーカーを配置。これはゲームや動画を楽しむ際に画面を横にすることを想定した結果と考えられます。一方で、昨今のトレンドに則ってヘッドホンコネクターはなく、THX認定の24bitDAC内蔵USB-C/イヤホンアダプターが付属します。このアダプターはVRのための3D音声出力にも対応するとのこと。

仕様をざっと列記すると、5.7インチ1440 x 2560解像度IGZO液晶(最大120Hz駆動)、Snapdragon 835(最大2.45GHz、Aderno 540 GPU)、8GB RAM、64GBストレージ、microSDXCスロット(公称では最大2TBまで対応)、無線機能が802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2、NFC。
背面カメラは広角12MP f1.75、望遠13MP f2.6。自撮りカメラは8MP f2.0。バッテリーは4000mAh。大きさは158.5 x 77.7 x 8mm。重さ197g。

なお、ここまでに紹介したスマートフォンとしての基本的な部分以外の仕様は、控えめというかむしろこれといった特徴がありません。たとえば防水や防塵性能は備えておらず、カメラも12および13MPのデュアル構成ではあるものの、こちらも目立つところはありません。

とはいえ、これはRazer製品に共通する、ファンの嗜好を的確に読み取り贅肉を削ぎ落とした結果と考えれば納得できるはず。このあたりはハードゲーマーのみならず、シンプルかつ高性能を好む一般ユーザーにも訴求するものがあるかもしれません。
 

Source: Razer
640 シェア
93
478
0
69

Sponsored Contents