Sponsored Contents

360の最新記事

Image credit:

画質&コスパ良し、360°カメラ「Xiaomi Mi Sphere」レビュー。静止画7K、動画3.5Kのサンプル多数

手を出しやすい価格!

わっき(Digital Wackys) , @d_wackys
2017年11月3日, 午後05:30 in 360
228 シェア
79
59
0
90

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。Xiaomiのコンシューマー向け360°カメラ「Mi Sphere」のレビュー動画をお届けします。販売サイトなどでは250ドル前後で売っています。



まずはじめに感じたのが、何でこんなに四角いのだろう?ってこと。 これでは手持ち撮影は難しいので、ミニ三脚にもなるグリップが付属しています。

本体の充電はMicroUSBケーブル(付属)で行い、MicroSDカード(別売)に記録します。 解像度は静止画が7K相当の6912x3456ピクセル、動画はその半分の3.5K相当で3456x1728ピクセル 30fps。 操作は簡単なのですが、写真はちょっと撮りづらいですね...そしていつ撮られたのかが分かりにくいです。

【作例:カフェ】


Wi-Fiでスマホと接続すれば、ライブビューや特殊撮影なども可能になります。 実際に撮影してみると思っていた以上にキレイです。 静止画は7Kなので解像度も充分高いですし、解像感も良好です。

【作例:屋外】


ただし天頂補正の精度が若干足りなく、きちんと水平がとれていないのが残念です。 屋外で撮影してみると解像感はとても良いのですが、コントラストが低く、ダイナミックレンジが狭い印象です。 撮影日は青空も見えていたのですが、木陰で撮影すると空は完全に白飛びしてしまいました。

【作例:星空】


スマホでマニュアル撮影すれば星空も撮影できます。これも解像度が高いので星も滲んだりせずにキレイに撮影できました。 ただこのマニュアル設定の画面が撮影画面と別になっており、設定もライブビューに反映されないのでちょっと不便。 じっくり腰を据えた撮影には向いていないのかもしれません。

動画は手ブレに強いと聞いていたのですが、期待していた程の効果はありませんでした。 それでもちゃんと固定して撮影すれば4Kに引けを取らない解像感で撮影できます。

【動画作例:カフェ】


【動画作成:手ぶれ補正】


【動画:スティッチ精度】


総評としては思った以上にキレイでした。 本体も薄いのでスティッチ精度も悪くないです。 さらにIP67相当の防塵防水性能なので、雨の日や水辺でも安心して使えます。 360°カメラとしてのコストパフォーマンスは良いでしょう。

Gallery: 画質良好、360°カメラ「Xiaomi Mi Sphere」レビュー | 3 Photos




関連キーワード: 360, VR, xiaomi, Xiaomi Mi, Xiaomi Mi Sphere
228 シェア
79
59
0
90

Sponsored Contents