Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:

有人で深宇宙目指すSLSロケット、2019年にも初飛行準備完了へ。まずは無人で2020年打上げ予定

宇宙大航海時代迫る

Munenori Taniguchi
2017年11月10日, 午後04:00 in Space
196 シェア
39
101
0
56

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View
 
NASAが、大型宇宙ロケットSpace Launch System(SLS)の打ち上げ体制を2019年内に整えると発表しました。プロジェクト管理者のロバート・ライトフット氏は「設計製造上の問題によって2020年半ばに見直される可能性はあるものの、2019年12月までにすべての準備を終えたい」としています。

ライトフット氏はさらに「すでに開発上のカギとなる問題のうちいくつかは回避できたため、2019年12月の目標達成に向けて少しペース配分を考えるだけの余裕ができている」 と続けます。

現時点で提案されているSLSの打ち上げ計画は、まず無人の探査ミッション1(EM-1)を行い、2023年に初の有人ミッション(EM-2)が予定されます。しかし、EM-1ミッションの時期が後ろにずれる一方で、EM-2のスケジュールは予定どおりに据え置く予定。そのため、オリオン宇宙船の緊急打ち上げ脱出システムの試験をEM-1より先に前倒して実行することで、計画の全行程を遂行するとしました。

NASAはSLSによって、史上初となる有人での深宇宙飛行実現を目標としています。そしてスケジュールの遅れは、NASAに急速に追いつきつつあるSpaceXに"初"の偉業をさらわれる可能性を高くします。ただ、EM-1のスケジュールに遅れが予想されたことで、逆にNASAの技術者たちは計画に集中し、予定どおりの計画遂行さえも実現しようとしています。

人類がふたたび月を、そして初めて火星を目指す時代が、いよいよ間近に迫ってきています。


Source: NASA
関連キーワード: launch, Mars, NASA, Orion, SLS, space, SpaceLaunchSystem, SpaceX
196 シェア
39
101
0
56

Sponsored Contents