Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

初打上げのFalcon Heavy「積荷は私のテスラRoadster」とイーロン・マスクが発言。目標は「火星軌道」

カーステからデヴィッド・ボウイの"Space Odity"を流します

Munenori Taniguchi
2017年12月2日, 午後06:30 in Space
255シェア
107
92
0
56

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

【動画】米国防総省がUFO情報を極秘に調査。2012年まで予算投下、米軍機による追跡映像も

View
 
初の打ち上げがまた延期されたSpaceXのFalcon Heavyロケットですが、イーロン・マスクCEOがその日程を来月(2018年1月)だとツイートしました。なんと打ち上げの目標となるのは火星軌道で、ペイロードはマスクCEO所有の赤いテスラRoadster(初代)とのこと。

12月1日、イーロン・マスクCEOはFalcon Heavyの打ち上げが来月早々になるとツイート、フロリダにあるケネディ宇宙センターの39A発射台からになるとしています。

SpaceXにとってこれまでにない大型ロケット初の打ち上げ試験であるため、最悪の場合は爆発して終了、ということも十分にありえます。ただ、打ち上げそのものがニュースかつ宣伝になることを充分に理解しているイーロン・マスクのこと、大胆にも「目標は火星軌道、ペイロードにはRoadsterを(そのカーステレオからデヴィッド・ボウイのSpace Oddityを流しながら)搭載する」とツイートしました。

SpaceXには2010年のドラゴン宇宙船の初打ち上げにおいてモンティ・パイソンのチーズショップネタに敬意を表し、極秘ペイロードとしてチーズを積んでいた実績(?)があります。またArs Technicaは律儀にもペイロードについてSpaceX関係者に問い合わせ、事実との返答を得たと伝えています

ただし、SpaceXはFalcon 9ロケットのブースターを3本も束ねて制御するのが非常に難しいことを認めています。イーロン・マスクもまた、Falcon Heavyの最初の打ち上げに関してこれまでに幾度か弱気な発言をくり返してきました。打ち上げ予定も2017年夏とされて以降、11月になり、12月になり、そして最終的に2018年1月に延ばされています。

そんな処女飛行にCEO長年の愛車を載せて打ち上げようというのは、もしかすると「結果がどうあれ、パーっとやろうじゃないか」という気持ちの現れかもしれません。マスクCEOは2代目テスラRoadster発表の翌日、「ロケット技術を転用すればRoadsterはもっと速くなる」とツイートしていましたが、それより先に初代Roadsterがロケットに組み込まれることになりました。

関連キーワード: falconheavy, gear, maidenflight, Space, spacex, tesla
255シェア
107
92
0
56

Sponsored Contents