Sponsored Contents

gameの最新記事

Image credit:
Save

Nintendo Switch、米ゲームハード史上の最速販売記録を更新。10ヶ月で480万台の売上

Wiiの記録(400万台)をブチ抜いたとのこと

Kiyoshi Tane
2018年1月6日, 午後12:00 in Game
228シェア
62
115
0
51

連載

注目記事

人気記事

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

Ittousai, 4 時間前
View
アフリカ・ソマリ族の矢毒から男性向け経口避妊薬を開発。精子活動を抑制する成分のみを合成

アフリカ・ソマリ族の矢毒から男性向け経口避妊薬を開発。精子活動を抑制する成分のみを合成

View

米任天堂は1月4日、Nintendo Switchの米国内にて10ヶ月で480万台を売上げ、家庭用ゲームハード史上最速の記録を達成したと発表しました。

これは同社の最速記録だったWiiが記録した400万台を上回るもの。Wiiは最終的には1億台を出荷した製品だけに、Nintendo Switchにもさらなる伸びが見込めるかもしれません。

今回の発表は米任天堂の内部データに基づいており、同社は公式サイトおよびTwitterでもリリース。社長レジーさんことReggie Fils-Aiméも「全国のファンが家庭でも外出先でも好きなゲームを楽しむことが出来ました」と誇らしげに報告。それに続けて「今年はもっと多くの人々がSwitchを入手されるでしょうし、さらなる新たな驚きを届けるつもりです」と前向きな抱負を延べています。


同社が明かしている、ハード一台当たりのゲームソフト普及率もかなりの高さ。『スーパーマリオオデッセィ』は55%、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』は60%にも上るとのこと。これら2本はNintendo Switchに留まらず全プラットフォームの中でも高い評価を受けている作品です。加えて『マリオカート8 デラックス』は50%以上、『スプラトゥーン2』は20%以上で、任天堂タイトルは相変わらずの強さ。

任天堂以外のサードパーティも、300本以上のNintendo Switch向けタイトルをすでに発売済み。Wii Uでサードのソフト不足で悩まされた頃の面影は、今のところなさそうです。

さらに2018年には『星のカービィ スターアライズ』や『ヨッシーfor Nintendo Switch』(仮称)といった人気シリーズの最新作が控えています。唯一のネックだったハード本体の品不足も昨年末から順調に解消し、現在アマゾンでも1〜2日以内に発送予定となっています。


ネット対戦に対応したゲームが多い現在では「ユーザーが多ければ多いほどプレイも充実する」というもの。それに「家庭用ゲームハードで遊ぶ」という習慣の復活は、他のゲームハードにも波及して市場の活性化を促すということで、いっそうの躍進を祈りたいものです。

228シェア
62
115
0
51

Sponsored Contents