Sponsored Contents

battle royalの最新記事

Image credit:
Save

Xbox One版『PUBG』が400万プレーヤー達成、感謝の3万ポイントを全員配布

1月末までに買ってキャラ作成が条件

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年1月26日, 午後07:55 in Battle Royal
85シェア
0
85
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


人気バトルロイヤルゲーム『PlayerUnknown's Battlegrounds』(PUBG) 初の家庭用移植となるXbox One版が、発売から40日あまりでプレーヤー数400万超を達成しました。

開発元 PUBG Corpではコミュニティへの感謝として、ゲーム内でカスタマイズ用アイテムと交換できるポイント 3万BPを全プレーヤーに配布します。条件は1月31日までにキャラクターを作成すること。

BPは2月1日以降、各キャラクターに直接追加されます。プレゼントボックス的なものを経由したり、メールでコードが届いて入力の必要がある方式ではありません。




PUBG は2017年3月に有料ベータとして発売されたWindows PC版(Steam版)が、約9か月で2500万本売れた怪物級ゲーム。

「今のところ」唯一のゲーム機版である Xbox One版も、2017年12月12日に開発途上の「Game Preview」扱いで発売されて以来48時間で100万超、一か月で300万超、そして今回の40日あまりで400万プレーヤー超と快進撃を続けています。本体普及台数の発表をいつの間にか止めてしまったマイクロソフトにしては珍しい小刻みな数字アピールです(余計な一言)。

(※発表は「プレーヤー数」。一家で数人が複数アカウントで遊ぶ場合を含めれば販売本数よりは多くなると思われますが、Xbox One版PUBGは開発中プレビューながら無料体験版が存在しない売り切りタイトルのため、ライセンス数としても大きな数字ではあります)。
配布されるBP は、外見カスタマイズアイテムがランダム封入されたクレート(『コンテナ』)と交換できるゲーム内ポイント。通常の1人用ゲームではすぐに敗退して数十ポイント、最後の一人まで生き残って勝利する、いわゆる『ドン勝』を食っても数百ポイント程度しか稼げないので、30000はなかなか大きな数字です。

クレートから手に入るのは何の変哲もないシャツや、せいぜい革のコート、学生風ミニスカート、ゴーグル、サングラスにブーツといった衣服やアクセサリのみ。外見のカスタマイズ用で、ゲーム内での有利不利には(ほぼ)関係ありません。
(Steam版はアイテムをマーケットプレースでプレーヤー間売買できるため、レアなものならば数万円程度が稼げますが、Xbox One版ではトレード要素が(現時点で)なく、自分で着る以外の使いみちはありません)。




Xbox One版のPUBGは税込3132円で販売中。日本国内でのXbox One は辛うじて補給線が維持されているのが奇跡のような状況で、マイクロソフトが本土決戦中の米国では PS4 / Xbox / PCのマルチプラットフォーム大作であっても国内ではハブられることがあるような状況ですが(本日発売のモンスターハンター:ワールドとか )、PUBG は日本国内でも売っています。

リリース直後のXbox One版はゲームプレビューの名にふさわしく、フレームレートが不安定で低かったり、テクスチャ読み込みがやたらと遅かったり、回線状況によりラバーバンディング(クライアントサーバの同期に失敗してビヨンと引き戻される現象)やミニワープが発生したりと、数か月前のPC版に先祖返りしたかのような最適化前っぷりでした。しかし開発元のPUBG Corp はリリースから1か月あまりで6回のパッチを提供するなど、急速に改善を続けています。

パフォーマンスの改善と同時に、操作系も「全員パッド操作」のプレーヤーたちからフィードバックを得て小刻みに改良や試行錯誤中です。PC版はPC版でまだまだ進化改良を続けていますが、パッド操作はPCとコンソールで微妙に違ったりします。

(例:Yボタンの武器変更はこれまでサブウェポンも含めてサイクルしていたのが、最新パッチではメイン2本のトグルに変更。ハンドガンは近接武器や消費アイテムのようにDパッドで直に選択するようになった。PC版と違って左アナログ押し込みのスプリントは、立ち止まった状態から押し込み2回でオートランが追加 etc。)

開発元 PUBG Corp は他のプラットフォームへの展開に積極的ですが、クリエイティブ・ディレクターの PlayerUnknown ことブレンダン・グリーン氏は昨年のインタビューで、並行して多数のプラットフォームで最適化を続けるよりはまずXbox版をPCと同等にクオリティアップすることが優先と語っていました。開発途上でも売れる Xbox One でコンソール最適化が固まったところで、他機種版に展開する目論見かもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

85シェア
0
85
0

Sponsored Contents