Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

テスラの新型ロードスターにロケット利用の「スペースX」パッケージが登場?

宇宙に飛んでいける?

70シェア
8
62
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


[Engadget US版より(原文へ)]

タイトルで目を疑った方も多いと思いますが、事実です。イーロン・マスク(Elon Musk)氏はテスラの年次株主総会での発言に引き続き(11月の謎めいたヒントには触れないながらも)、新型ロードスターの「スペースX」オプションパッケージでは車体に10個の小型ロケット・スラスタが装着されるとツイートしました。

ツイートによれば、このキットは「劇的に加速やブレーキング、コーナリングなどすべてを改善する」としています。とても信じられませんが、これはマスク氏によるここ数ヵ月に行った最も訳のわからない発言ではありません。正直完全に信じることはできませんが、まったく嘘と言い切ることもできないのが実際のところです。

我々はこの件に関し、テスラに問い合わせています。

このオプションは通常パッケージの新型ロードスターを盛り上げるだけでなく、さまざまな疑問も同時に湧きます。そもそも合法なの(たぶん違法でしょう)? 何回使えるの? 自分で再充填はできるの? 動作時のG(加速度)はどれくらい? 

確かなことは、新型ロードスターはマスク氏による「あらゆる意味での」ガソリン車への挑戦を体現するものとなるでしょう――たとえ、それがロケットを利用することになっても。
編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Devindra Hardawar



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Coverage: Autoblog
関連キーワード: ElonMusk, rocket, spacex, Tesla, transportation
70シェア
8
62
0

Sponsored Contents