Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPhone XS Maxを1ヵ月使ってみたらSEとiPad mini後継がほしくなった

私はXS Maxの画面サイズに満足していません

ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2018年10月22日, 午後06:30 in apple
436シェア
78
358
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

iPhone XS/XS Maxが発売されたのが9月21日。記事執筆時点で1ヵ月が経ちました。すでにEngadget日本版には新型iPhone関連記事がたくさん掲載されており、いまさらワタシが付け足すことがあるとも思えないのですが、1ヵ月iPhone XS Maxを使ってきて感じた「画面サイズ」に関する話題を書き綴ってみます。

■基本的には満足しています。特にカメラはよいですね
まず大前提として私はiPhone XS Maxの機能、性能には満足しています。同じく7nmプロセスで製造されている「Kirin 980」を圧倒すると報道されているパフォーマンスは言わずもがな。大満足なのはカメラ性能で、個人的には暗所撮影性能の向上、ダイナミックレンジの拡大には驚かされました。

Engadget
焦点距離: 4.25mm (35mm換算焦点距離: 26mm)、シャッタースピード: 0.050s (1/20)、F値: f/1.8、ISO感度: 800、露出モード: Program (auto)、測光方式: Pattern。三脚なしでこれだけの夜景が撮れるのだから驚異的です

Engadget
焦点距離: 4.25mm (35mm換算焦点距離: 26mm)、シャッタースピード: 0.000681s (1/1468)、F値: f/1.8、ISO感度: 25、露出モード: Program (auto)、測光方式: Pattern。障子越しにかなり強い光が入ってきていますが、部屋の壁もしっかりと写っています

インカメラも綺麗ですよね。オッサンには無慈悲な忠実な仕上がりですけれども。昨今、ほぼすべての端末のカメラに美肌機能が搭載されていますが、アップルは美意識的にビューティーモードが許せないのかもしれません。それともいつか搭載される日は来るのでしょうか?

Engadget
焦点距離: 2.87mm (35mm換算焦点距離: 32mm)、シャッタースピード: 0.012s (1/82)、F値: f/2.2、ISO感度: 64、露出モード: Program (auto)、測光方式: Pattern。モデルは弓月ひろみさん。可憐です

Engadget
焦点距離: 2.87mm (35mm換算焦点距離: 32mm)、シャッタースピード: 0.004s (1/228)、F値: f/2.2、ISO感度: 16、露出モード: Program (auto)、測光方式: Pattern。モデルは私。無残です。美顔自撮りカメラ「Meitu」に頼らざるを得ません

■XS Maxでも画面の大きさは物足りない

さて本題です。これは完全に主観になるのですが、私はXS Maxの画面サイズに満足していません。購入当初はそれなりに大きくなったと満足していたのですが、いまではすっかり慣れてしまい、以前に使っていた5.8インチディスプレイを搭載する「iPhone X」と視認性や疲労度はそれほど変わらないように感じています。

これはXS Maxが悪いわけではなくて私の視力の問題ですが、実際問題、長時間画面を見るときには結局「10.5インチiPad Pro」を使っているんですよね。でも短時間利用するだけなら6.5インチディスプレイを搭載するXS Maxは大げさすぎますし、また10.5インチiPad Proももっとも長時間、いろんな場所で利用する「画面」としてはかさばりすぎるのです。

Engadget
最初は大きく感じたXS Maxもすっかり慣れてしまいました

■小さいiPhoneと小さなiPadがほしい

というわけで私がほしいのは小さなiPhoneとiPad。具体的には5インチサイズのiPhone、8インチサイズのiPad。つまるところiPhone SEとiPad miniの後継がほしいのです。

小さなiPhoneはSNS、メッセージ、カメラ、電子マネー、電話機能が主用途、小さなiPadは情報閲覧&コンテンツ用端末。そんな使い方が理想。このような使い方は少数派なのでしょうか?

Engadget
iPhone SEは携帯電話としては理想のサイズ。ただカメラ画質が時代遅れな点、FeliCa機能を搭載していない点から、私にはメイン端末にはなり得ません

■なんでXRは5.8インチと6.5インチの間を埋めたのでしょう?

さらに個人的な疑問を述べさせてもらいますが、なぜ「iPhone XR」って6.1インチディスプレイを搭載したのでしょう? なにも5.8インチのXSと6.5インチのXS Maxの間に割り込ませる必要はなかったと考えています。

スマホにとって画面サイズというのは重要な要素。5.8インチのXSを下回るディスプレイサイズを用意したほうが、もっと多くのユーザーの画面サイズへのニーズに応えられたと思うんです。

Engadget
iPhone XRをもっとも小さいiPhoneとして発売してほしかったです(※アップル公式サイトから転載)

次期iPhone SE、iPad miniの噂はほとんど聞こえてこず、このままシリーズはなくなってしまうという観測の声が多いです。

「iPad mini 4」はいまも販売されていますが、これって2015年に発売された製品。搭載されているSoCは「Apple A8」です。「Geekbench 4」のスコアはXS Maxが11300超えのところ、iPad mini 4は3000切り。いまから買うのは躊躇してしまいます。

一社では限界があるでしょうが、携帯性と視認性という使い勝手に直結する画面サイズのバリエーションは多く用意してほしいところ。次期iPhone SE、iPad miniを出すのか出さないのか、はっきり片をつけてほしいと切に願います。

Engadget
アップル好き好き大好きだからこそのお願いです




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

436シェア
78
358
0

Sponsored Contents