Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

「モバイルSuica」年会費無料に、ケータイ向けサービスは終了~2020年2月以降

Androidベースのフィーチャーフォン「ガラホ」もサービス終了の対象です。

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年1月16日, 午後05:50 in App
630シェア
0
630
0
0


paypay


pr


paypay

連載

注目記事


JR東日本は、「モバイルSuica」について、2020年2月26日以降、年会費を全面的に無料とすると発表しました。

モバイルSuicaでは現状、ビューカード以外のクレジットカードを登録すると1030円(税込)の年会費が発生します。これについて2020年2月26日以降、年会費が無料となります。

なお、現時点でもiPhoneで「Apple PayのSuica」を利用する場合や、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンで「Google Pay」アプリからSuicaを利用する場合には、年会費は発生しません。

ケータイ向けモバイルSuicaは2020年内で終了

2020年12月22日までにすべての機種でサービスの提供が終了されます。このうち、NTTドコモの「P-01J」やauの「AQUOS K SHF34」など、比較的発売が新しい機種以外は、2020年2月25日で終了となります。

Androidも一部機種でサービス終了

Androidスマートフォンの一部の機種では2020年12月22日でサービス提供が終了となります。

例として、NTTドコモのXperiaシリーズでは2014年発売の「Xperia A2」以前の機種が、Galaxyシリーズでは2014年発売の「GALAXY S5 SC-04F」以前の機種がサービス終了の対象となっています。

なお、今回の発表で対象とならなかった機種についても、Android 4.4で利用している場合には、2021年3月以降にモバイルSuicaのサービスが利用できなくなる予定となっています。

「モバイルSuica特急券」は新サービスへ

モバイルSuicaアプリから特急券を予約してそのまま乗車できる「モバイルSuica特急券」は、2019年度末をもってサービスを終了します。JR東日本はJR北海道、JR西日本と共同で、交通系ICカードを使った新たな新幹線予約サービスを導入すると発表しています。2019年度末を提供目処としているこの新サービスに置き換えられる形で、モバイルSuica特急券はサービス終了となります。



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: app, JrEast, mobile Suica, payment, Suica
630シェア
0
630
0
0

Sponsored Contents