Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

「LG G8 ThinQ」は3次元インカメラが強み。手のひら静脈認証にジェスチャー操作も #MWC19

「Z Camera」がポイント

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年2月25日, 午前08:50 in Android
32シェア
4
28
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

LGは「MWC2019」に先駆けてスペイン・バルセロナにて開催した自社イベントの中で新スマートフォン「G8 ThinQ」を正式に発表しました。「G8 ThinQ」はインカメラに「Z Camera」と呼ばれるセンサーを搭載し、静脈認証やジェスチャー操作に対応しています。5Gをサポートする「LG V50 ThinQ」とならぶフラッグシップモデルとなります。

LG G8 ThinQ
LG G8 ThinQ

「G8 ThinQ」のZ Cameraは「Time of Flight(ToF)センサー」と赤外線センサーを組み合わせたもの。2種類のセンサーにより高精度な3D顔認証や、手のひら静脈による生体認証を実現します。特に静脈認証については、スマートフォンでは世界初となる機能で、手のひらをかざすだけ(タッチする必要なし)でロック解除が可能です。

LG G8 ThinQ

また、「Air Gesture」という4つのジェスチャー操作に対応。スマホにかざした手で"つまむ"動作をしてアプリを起動したり、見えないツマミをひねるような動作で音量を調節したりできます。

LG G8 ThinQ
LG G8 ThinQ
さらに、LGはZ Cameraの強みを、インカメラの撮影機能にも盛り込んでいます。それがインカメラによる高精度な背景ぼかし撮影で、背景の深度を256段階で検出し、ボケ効果を加えることができます。静止画だけでなく動画の被写界深度の調整も可能となっています。

LG G8 ThinQ
LG G8 ThinQ

オーディオではDTS:Xによるサラウンド再生をサポート。ディスプレイを振動板として利用する技術によって、フロントスピーカーなしで音楽再生を可能としています。前モデルと同様に、Hi-Fi Quad DACを搭載し、アナログオーディオジャック経由での高品位なオーディオ出力にも対応します。

LG G8 ThinQ

「G8 ThinQ」もチップセットにはSnapdragon 855を搭載。背面カメラはトリプルレンズ構成で、16MPの超広角、12MPの標準画角、12MPの望遠という3つの画角を切り替えられるようになっています。メモリは6GB、ストレージは128GBを搭載します。バッテリー容量は3500mAhで、大きさは151.9✕71.8✕8.4mm、重さは167gです。

LG G8 ThinQLG G8 ThinQLG G8 ThinQ



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Android, G8 ThinQ, LG, LG Electronics, MWC2019, smartphone
32シェア
4
28
0

Sponsored Contents