Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit: Getty Images for RFK Human Right
Save

クックCEO、健康データを扱う上でのプライバシー重視を強調―ヘルスケア企業の基礎は「信頼」

服用薬や病歴データを信頼できない相手に預けられないですし

Kiyoshi Tane
2019年3月1日, 午前10:00 in apple
51シェア
13
38,"likes":26
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
Getty Images for RFK Human Right
2019年内に複数の医療関連サービスを発表すると推測されているアップルですが、このタイミングでティム・クックCEOが発言した、ヘルスケアデータを扱う上でプライバシー保護を重視しているとのコメントが注目されています。

これは、米国営ラジオNPRの取材に応じた際の発言。同氏は、アップルが広告ビジネスのためにユーザーデータを取得することを避けたとコメント。「人々はこの姿勢を見て、アップルを信頼できると感じるでしょう」「それは健康産業に取り組む誰もにとって、鍵となる要素です」と述べています。

さらにクック氏いわく、同社のプライバシーへの取り組みは、単なるマーケティング戦略ではないとのこと。「損得勘定でやっているわけではありません」「私なら、自分のヘルスケアデータを扱う人としては、深く信頼できる相手とビジネスがしたいということです」との見解を明かしています。

NPRは、大手ハイテク企業が自社アプリに健康記録を入力してもらうためにはユーザーからの信頼が必要だと分析。こうした記録には服用した薬や病気の治療、メンタルヘルスケアのプロバイダー(専門業者)を訪問した履歴などが含まれていますが、これらは雇用主や広告クライアント、または保険会社に見て欲しい類の情報ではなく、秘密厳守が求められているからです。

クック氏はFacebookが個人情報を収集して、あたかも顧客を商品のように扱っていることをたびたび批判しています。が、NPRの分析と合わせて考えれば、ヘルスケアデータを自社のiPhoneやiOSアプリに預けてもらう前提条件として、プライバシーを尊重する企業という「信頼」を醸成しているのではないか――との推測も浮かび上がりそうです。

しかしサードパーティ製アプリに目を向ければ、つい先日も、複数のiOSアプリがFacebookに個人情報を無断で送信していたことが判明したばかり。生理周期予測アプリから心拍モニターまで様々な個人情報が収集されており、こうした現状ではアップルもまたプライバシー保護に関しては完ぺきな実績とはほど遠い――NPRはそう指摘しています。

これに対してアップル広報は、問題のアプリは(iOS標準機能として記録される)ヘルスケアデータにはアクセスできないと回答。その上で、アプリが規約に違反している場合は開発者が修正する必要があり、さもなくばApp Storeから削除されると応えています。

個人情報を収集して広告の最適化などに利用する企業を批判するかたわら、プライバシーを厳密に守る信頼を足がかりとして医療関連サービスでの地歩を築く。クック氏は否定していますが、結果的にこれはこれで、マーケティング戦略の一種なのかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: NPR
51シェア
13
38,"likes":26
0

Sponsored Contents