Sponsored Contents

Medicineの最新記事

Image credit:
Save

患者の細胞から3D心臓を印刷。血管や本物と同じ構造備え、将来は病院で製造・移植も

いまはまだ収縮するのみ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年4月16日, 午後12:45 in Medicine
125シェア
29
96,"likes":67
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
イスラエル・テルアビブ大学の科学者が、人の細胞組織と生物学的材料を使い、世界初の3Dプリント心臓を作り上げました。この心臓には本物と同様に血管から心房、心室などが再現されています。

これまでにも3Dプリントで作られた心臓というのはありましたが、それには血管がなく、単純に生物組織をその形に印刷したという程度のものでした。このたびAdvanced Science に掲載された論文では、今回の3Dプリント心臓は、まず患者の脂肪組織の生体組織検査から開始され、その組織から作られる細胞物質を材料に用い、心臓パッチとしての利用も可能な、複雑な心臓の組織モデルを再現しました。

製作された3Dプリント心臓はその大きさがウサギのそれほどの大きさしかなく、そのまま人体に移植することはできません。また、この心臓は電気的刺激で収縮こそするものの、血液を循環させるポンプとしてはまだ機能しません。

記事執筆の時点では、研究者らはこの3Dプリント心臓を培養し、本物の心臓のように鼓動を刻むようにしてゆきたいと考えています。そしてもし、それが成功すれば、将来的には動物に移植して機能するかを確かめたい意向です。

この研究の最終的な目標はもちろん、人に移植するための機能的器官を作り上げること。研究者は「私たちの研究成果は、将来的にパーソナライズされた組織や臓器の置換術に対する我々のアプローチの可能性を示しています」と述べ「早ければ10年ほどのうちに大きな病院には3D臓器プリンターが設置され、日常的に移植が可能になるだろう」としました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

125シェア
29
96,"likes":67
0

Sponsored Contents