Sponsored Contents

paymentsの最新記事

Image credit:
Save

Apple Pay+クレカで運賃を「かざすだけ」決済が米ポートランドで可能に。シカゴやNYにも順次拡大

Suica決済より便利かも

Kiyoshi Tane
2019年5月27日, 午後06:30 in payments
69シェア
0
69
0
0

連載

注目記事


Robert Nickelsberg/Getty Images

iPhoneやApple WatchのApple Payを交通公共機関にてエクスプレスカードとして使える地域に、新たに米オレゴン州ポートランドが追加されたことが明らかとなりました。現地の交通局Trimetのバスやライトレール、列車等で利用可能となっています。

またTrimetは、Apple Payに登録したクレジットカードやデビットカードも公共交通機関にてエクスプレスカードとして利用できる世界初の例となります。iOS 12.3ベータ版から手がかりが発見されていた、Apple Payによるクレジットカードの「かざすだけで決済」が本当に実現したかっこうです。

エクスプレスカード設定とは、Apple PayでFace IDやTouch IDで生体認証することなく「かざすだけで支払い」できる機能のこと。日本ではSuicaとの連携のもとで実現し、ほか中国本土(北京や上海)の交通系ICカードを登録して利用可能となっていました。

米ポートランドでも、Apple Payに現地の交通系ICのHopカードを追加できるようになり、Suicaと同様の運用が可能に。それに加えて、登録したクレジットカードやデビットカードもエクスプレスカード設定できるようになりました。

具体的なメリットは、ほんの数日しか現地に滞在しない旅行者や出張者でも、Hopカードを買わずに「かざすだけ」で運賃支払いができることです。ほか、現地メディアのKoinはたまにしか公共交通機関を使っていない(Hopカードを買っていない)居住者もメリットを享受できると述べています。

本サービスは、今年中にシカゴとニューヨークで開始される予定とのこと。その利用には、iPhoneは先日リリースされたiOS 12.3、Apple WatchはwatchOS 5.2.1へのアップデートが必須となります。

交通系ICカードは現地での滞在中は便利ではあるものの、使用地域が限られている性質上、過剰な金額をチャージした場合に払い戻しが受けにくいなどのデメリットもあります。「使った分だけ引き落とし」のクレジットカード/デビッドカードによるエクスプレスカード設定は、大量の観光客が予想される東京五輪に向けて日本でも高いニーズがありそうです。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Apple, Koin
関連キーワード: apple, applepay, Applewatch, expresscard, iphone, payments
69シェア
0
69
0
0

Sponsored Contents