Sponsored Contents

wwdc19の最新記事

Image credit:
Save

iPhoneもUSBメモリー対応に iPadOSだけの機能ってナニ? #WWDC19

もちろん、Zipの解凍もね

ACCN, @ACCN
2019年6月6日, 午前07:45 in wwdc19
107シェア
34
73
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

秋に配信されるiPadOSへのアップデート後、USB-C端子経由で挿したUSBメモリーの読み書きがiPadで可能になるとWWDCのキーノートで語られました。ローカルのストレージにコピーすることなく直接読み込み、編集なども行なえるということで、たいへん便利そうと巷では盛り上がっておりますが、独自の取材でLightningを搭載したiPadも(Lightning - USBアダプター等を経由し)この機能の恩恵に授かれることがわかりました。では、iPhoneではどうなのでしょう?




この機能はiPad(iPadOS)の専売特許というわけではなくて、iOS13にアップデートしたiPhone・iPod touchでも、Lightning - USBアダプター等を経由し挿したUSBメモリーに「ファイル」アプリからダイレクト・アクセスできるようになります。Zipも解凍可。iOS 13の新機能でもあるのですね。

Engadget
▲盛大に独立宣言がなされたiPadOSですが、同じmacOS(UNIX)のサブセットであるiOSそのものという事実は何も変わりません。ブランディングでしょう。


iOS(iPhone)にはない、iPadOSならではの機能をおさらいしてみます。

Engadget

Sidecar

まず、「待ってました」の声も多かったSidecar。タッチペン入力に対応したMacのサブディスプレーとしてiPadを活用できます。 WWDC会場のデモでは、USB-CケーブルでiMacと接続されていましたが、Pro以外のiPadもLightningケーブルまたはワイヤレスで接続できます。Macのメニューバーから選ぶだけですぐに開始できるで、かなりシームレスに使えます。

デスクトップ ウィジェット

Engadget
▲Androidタブみたい......という声も聞こえなくはありませんが。左へページをめくるような操作をするとアイコン幅が狭まり通知センターが固定されるイメージです。設定で従来の挙動にも戻せます。

マルチタスキング・ファイルドラッキング

Engadget
▲すでにiPadはマルチウインドー・マルチタスクに対応していますが、同一アプリでサイド・バイ・サイド表示が行なえるようになりました。ファイルのドラッグ操作もiPadOSのみとなります。

デスクトップ ブラウジング

Engadget
▲iPhoneのようなモバイルエージェントではなくデスクトップとしてSafariがウェブページを認識し表示する仕様に。いずれタブレット版のUAはなくなるかもしれませんね。画面比率で調整されるのでiPad miniだと表示が細かくて見えにくいということもありません。12.9インチのiPad Proはいよいよ高精細ノーパソと変わらなくなりますね。

フォントの変更

Engadget
▲Safariやサードパーティ製アプリで、ダウンロード(購入)したカスタムフォントを導入できるのも、iPadOS独自の機能として案内されたものです。

Apple Pencilによる操作もレイテンシーが9ミリ/秒になり、より快適に。左下の角からペンを右上方向へジェスチャー操作するとスクショが撮れるなど、独立宣言したくなるのもわかるほどiPhoneにはない機能や使い勝手がてんこ盛りとなっているiPadOS。秋のアップデートが楽しみですね。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, applenews, ios, ipad mini, ipados, IpadPro, iphone, wwdc, wwdc19
107シェア
34
73
0

Sponsored Contents