Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

Switch版「フライデー・ザ・13th: ザ・ゲーム」米国で8月13日(火)に発売へ。国内は8月29日(木)

金曜日どこいった

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年6月21日, 午後04:00 in AV
41シェア
5
36
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

Nintendo Switch向けのゲーム「Friday the 13th : The Game/Ultimate Slasher Switch Edition」が米国で8月13日に発売されます。8月13日は残念ながら(?)火曜日なので、パッケージ版を購入した帰り道にホッケーマスクの暴漢に襲われる心配はなさそうです。

「Friday the 13th : The Game」は1983年の映画『13日の金曜日』をモチーフとした、ジェイソン対キャンパー7人による対戦アクションゲーム。すでに他機種向けには発売されていますが、Nintendo Switch版「Friday the 13th : The Game」はこれまでのDLCコンテンツをほぼすべて収録したUltimate Slasher Switch Editionとなっています。このため、追加購入なしに様々な姿のジェイソンを選んで楽しめるほか、キャンパーらも映画のシチュエーションに関わらずいくらかの外見を選択可能となっています。

販売形態はパッケージ版とダウンロード版の2種類。米国のパッケージ版には限定のポスターも付属します。

開発元のGun Mediaによると、キャラクターの所有権に関する訴訟のため、今後このソフトについてはサーバーメンテナンスやバグ修正しか提供できず、新たな追加コンテンツなどは提供されないかもしれないとのこと。

なお、日本国内では米国よりやや遅れて8月29日に「フライデー・ザ・13th:ザ・ゲーム/ULTIMATE SLASHER EDITION日本語版」として発売予定。価格はパッケージ/ダウンロードともに4800円。もはや13日でも金曜日でもない発売日ですが、他のゲーム機やPCの様子を見て遊びたいと思っていたSwitchユーザーには待ち遠しいに違いありません。

ちなみに、翌月9月まで発売を待てば13日が金曜日だったのに、とも一瞬思うところですが、もともと『13日の金曜日』は6月13日の話なので、結局のところ日程はどうでも良かったかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

41シェア
5
36
0

Sponsored Contents