Sponsored Contents

thinkpadの最新記事

Image credit:
Save

高級ノートPCの定番がさらに軽く。1.09kgの新ThinkPad X1 Carbon日本版が発売

マイクを強化したテレワーク重視モデルでもあります

橋本 新義(Shingi Hashimoto)
2019年6月25日, 午前11:00 in thinkpad
96シェア
0
96
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
レノボ・ジャパンが、高級・薄型の14インチノートPC『ThinkPad X1 Carbon』の第7世代(2019年版)モデルを日本向けに発表しました。発売は6月25日、つまり本日から。代理店向けモデルの価格は23万3000円(税別)からとなります。

今世代の大きな特徴は、公称重量が約1.09kgからと、僅かながら軽量化がなされた点(現行の第6世代は1.13kgから)。またスピーカーが低音用+中高音用×2(左右)構成の2ウェイタイプとなり、ドルビーアトモスソースにも対応するなど、これまでのThinkPadらしからぬ改良も。

また液晶パネルは、ついに4K(3840×2160ドット:アスペクト比16:9)の選択が可能になりました。合わせて4K液晶搭載モデル限定の背面仕上げとして、新柄の編み込みカーボン調も選べます。

ThinkPad X1 Carbon 7th
ThinkPad X1 Carbon 7th



またレノボが目玉として挙げているのが、テレワーク需要に対応したオンライン会議向け機能の強化。特にテレビ会議アプリで重要となる会話に対しては、ディスプレイ上部のベゼル部分に4つの360度集音マイクを搭載したことで、「4メートル先の音声もクリアに集音」とアピールします。

テレワーク需要という点では見逃せないSIMフリーのLTE通信機能も、現行モデルに続きオプションで提供される模様。

ThinkPad X1 Carbon 7th

一方でPCとしての基本性能を左右するCPUは、現行第6世代ThinkPad X1 Carbonと同じ、インテル製第8世代Core iのUシリーズ(発熱と消費電力の目安となるTDPが15Wのタイプ)を搭載します。GPUはCPU内蔵のみと、ここも第6世代と同様。現状でラインナップされているグレードは、Core i5とi7の2種類です。

また残念ながら、インテル側が既にプレビューしている第10世代Core i(開発コードネームIce Lake)は選択対象外となっています。

さらにThinkPadシリーズが注力するセキュリティ面の強化も図られており、一部モデルではディスプレイのぞき見防止機能『ThinkPad Privacy Guard』のオプション搭載が可能。IRカメラにも対応した開閉式カメラカバー『ThinkShutter』は標準搭載となりました。

ThinkPad X1 Carbon 7th

外観上での隠れたポイントは、第6世代モデルまではキーボード面にあった電源ボタンが、X1 Yoga(360度回転ヒンジモデル)と同じ、本体右側面に移動した点。これは第6世代で電源ボタンが配置されていたキーボード奥側に高音用スピーカーが配置されている点などによるものです。

ThinkPad X1 Carbon 7th

基本的な仕様は以下の通り。
  • 本体サイズ......約323×217×14.95mm(幅×奥行き×厚さ)
  • 本体重量......約1.09kgから
  • ディスプレイ......4K HDR IPS液晶/WQHD(2560×1440) IPS液晶(非HDR)/フルHD IPS液晶
  • CPU......インテル製 第8世代 Core i5/Core i7
  • RAM......最大16GB
  • ストレージ......最大2TB(SSDのみ)
  • バッテリー駆動時間......最大約19時間
  • 拡張端子......Thunderbolt 3兼10Gbps USB Type-C×2、USBタイプA(5Gbps)×2、フルHDMI、3.5mmヘッドセットジャック、イーサネット拡張コネクター2(独自仕様)

本体カラーはブラックと、上述したカーボン仕上げの背面(他の面はブラック)という構成。シルバーは少なくとも現状では確認できていません。



このようにThinkPad X1 Carbon 7th(第7世代モデル)は、評価の高い現行機種の構成を守りつつ、軽量化や厚さの減少(第6世代比で6%薄型化)、基本パーツの順当強化など、手堅い強化を施したモデルと呼べる位置付けです。

特に4K+HDR液晶モデルは、「せっかくこのクラスのノートPCを購入するなら欲しい」的な装備でもあるだけに(バッテリー駆動時間は減少しますが)、対象ユーザーからは検討されるのではないでしょうか。

既にインテル側がプレビューとはいえ第10世代Core iを公開しているというタイミングという点だけが気になるところではありますが、今回も高級・薄型ノートPCの定番として支持されることは間違いなさそうです。






「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

96シェア
0
96
0
0

Sponsored Contents