Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

OPPOがディスプレイ埋め込み型カメラを発表。ノッチはもはや時代遅れだ:MWC19上海

フロントカメラのポップアップも不要

山根博士 (Yasuhiro Yamane), @hkyamane
2019年6月28日, 午後12:30 in Camera
131シェア
0
131
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

6月26日から28日まで中国・上海で開催されている「MWC19 上海」にて、OPPOはディスプレイにカメラを埋め込んだ「アンダーディスプレイフロントカメラ」を発表。同カメラを搭載したスマートフォンの試作モデルの展示を行いました。

OPPOUD

試作モデルはディスプレイ上部にカメラを埋め込みしただけのモデル。ディスプレイを見るとたしかに上部まで表示エリアとなっている「フルビュー」デザインで、ノッチやパンチホールなどはありません。なお、背面にカメラは搭載されておらず、このまま製品化されるものではありません。

OPPOUD

ディスプレイの上部を改めて見てみると、カメラらしき存在は見えません。もちろん本体上部からカメラが飛び出るわけではなく、ディスプレイの上部にカメラが内蔵されているのです。

OPPOUD

試作モデルはAndroid OSが動いており、操作できるメニューは2つ。「写真表示」と「フロントカメラ撮影」のみです。

OPPOUD

フロントカメラ撮影を選ぶと一瞬、ディスプレイ上部に丸い円が表示されます。この部分にカメラが埋め込まれているという位置を明確にするため、あえて光らせているとのこと。

OPPOUD

このライトはすぐに消灯し、そのままフロントカメラの撮影プレビュー画面に変わります。カメラの画質は非公開。MWC19上海のOPPOブース説明員によると「一般的なフロントカメラと画質の差は無い」とのこと。最近のスマートフォンのフロントカメラは1000万画素超えのものも増えていますが、どの程度まで高画質にできるのかは気になるところです。

OPPOUD

フロントカメラを起動しても、ディスプレイ上部にカメラらしきものは見当たりません。この状態でカメラ部分らしき場所に障害物を当てると、カメラのプレビュー画面に影が表示されます。すなわち本体上部はしっかりとカメラが埋め込まれているわけです。

OPPOUD

スマートフォンのフロントカメラはセルフィー用途以外にも、顔認証用として毎日使われるようになっています。しかしポップアップ式のカメラはカメラが飛び出すまでの一瞬の時間がだんだんと気になります。一方、フロントカメラを水滴型ノッチやパンチホールにした場合は、ディスプレイの一部がデッドスペースになってしまいます。しかし、今回OPPOが発表したディスプレイへのカメラ埋め込みなら、これら両者の欠点を簡単に克服することができます。実製品ではどの程度のフロントカメラ性能となるのか、製品化が楽しみです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: camera, mobile, MWC, MWC19Shanghai, OPPO, smartphone
131シェア
0
131
0
0

Sponsored Contents