Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

7月2日のできごとは「V602SH 発売」「FireタブレットにShow Mode追加」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年7月2日, 午前05:30 in today
17シェア
5
12
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

7月2日のおもなできごと

2004年、ボーダフォン光学ズーム搭載ケータイ「V602SH」を発売
2013年、キヤノンが「EOS 70D」を発表
2016年、タカラトミーが「スマポン」を発売
2018年、米AmazonがFire HD 8/10に「Show Mode」を追加

2004年:世界で初めて光学2倍ズームを搭載した携帯電話「V602SH」

today

画角の違うカメラを複数備えるのではなく、2倍とはいえ、レンズを動かす光学ズーム機構を搭載してしまったケータイが、「V602SH」。センサーは202万画素のCCDで、小さいながらも3群5枚のレンズを使用。最大1224×1632ドットの写真が撮影できました。ちなみに動画の撮影にも対応していますが、こちらはQVGA(240×320ドット)です。

ユニークなのが本体の変形機構で、折りたたみ型なうえに液晶のみが180度回転するスウィーベルスタイルを採用。コンデジのように横向きでしっかりと構えて撮影できるほか、開いたままにすれば自撮りも楽しめるというのが特長でした。

ちなみに液晶サイズは2.4インチで、240×320ドットの26万色。今と比べてしまうとずいぶんと貧弱ですが、当時としては高画質なものでした。

2018年:Fire HD 8とFire HD 10に「Echo Show」のように使える「Show Mode」を追加

today
米AmazonのFire HD 8とFire HD 10ではAlexaが利用できましたが、これに加え、ハンズフリー端末として利用できるUI、「Show Mode」が追加されたのが、2018年の今日です。これにより、ディスプレイ付きのEchoデバイス「Echo Show」とほぼ同じような使い方ができるようになりました。Fireタブレットは低価格ということもあり、安価なEcho Showとして使えるとあって注目されました。

またオプションとなりますが、「Show Mode Charging Dock」を用意。これはスタンドに置くだけでShow Modeへの切り替えとタブレットの充電が行えるという、大変便利なアイテムです。Show Modeを使うかどうかはともかく、手軽に充電できるというだけでも欲しくなります。

ただし、これはあくまで米Amazonでのお話。日本ではFireタブレットでAlexaが提供されていなかったので、Show Modeどころの話ではないですね。なお、ここから8か月ほど遅れ、今年の3月になって、ようやく日本でもAlexaとShow Modeが使えるようになりました。とはいえこれはFire HD 10のみで、今でもFire HD 8ではAlexaが利用できないままとなっています。あと、Show Mode Charging Dockは売られていないようで、こちらもちょっと残念です。

ちなみに現在は、新しくなったFire HD 7でAlexaが利用可能。Show Modeには対応していませんが、激安価格でAlexaを楽しみたいというなら、こちらがよさそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

17シェア
5
12
0

Sponsored Contents