Sponsored Contents

Androidの最新記事

Image credit:
Save

OPPO Reno 10x Zoomは動画撮影の音にも注目!! サラウンド収録や「音声フォーカス」でより鮮明に

遊び倒したいカメラです

田沢梓門, @samebbq
2019年7月4日, 午後03:30 in Android
23シェア
0
23
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

オッポジャパンは「OPPO Reno 10x Zoom」を7月12日に発売します。メーカー小売希望価格は税別9万9880円で、各MVNOや家電量販店、ECサイトにて販売予定です。

製品の呼び名「オッポ リノ ジュウバイズーム」の通り、3眼カメラによる静止画のハイブリッド10倍ズームや独特なインカメのギミックがフューチャーされがちなモデルですが、動画撮影機能も中々面白いモデルです。ここでは、この動画撮影の注目点を紹介します。



背面カメラでの動画担当は、3つ並んだうちの一番上部にある標準カメラが担当。イメージセンサーにはソニー製「IMX586」を採用し、4800万画素でF値は1.7、光学式手ぶれ補正にも対応します。720P、1080P、4K画質で撮影可能。フレームレートは30fpsと60fpsで切り替え可能です。

Engadget
▲一応10倍までズームはできますが画像は粗いので実用は厳しいでしょう

スペック的にはこの時点でも必要十分ですが、特筆すべきはオーディオエフェクトで選択できる2つの機能、「3D録画」と「サウンドフォーカス」です。

「3D録画」モードは横向きにしてカメラを向けることで、サラウンド効果のある音の入った動画を撮影できるというものです。


▲無心でベルを鳴らしている僕。イヤホンでの試聴をおすすめします。ベルの位置によって音の鳴りが違うでしょう。これ一台でASMR的な動画も撮影できちゃいますね

Engadget
▲端末上部、カメラ脇、底面に搭載された3つのマイクで録音。これにより立体的な音響効果が得られます

もう一つの機能は「サウンドフォーカス」。カメラのズームインにあわせて遠くの音のボリュームを上げます。いわゆるズームマイク、超指向性マイクを使ったかのような音になる機能です。被写体をタップするとそこにフォーカスして録音するので、遠くの被写体でも臨場感のあるサウンドになります。


▲アングルと僕の動きは同じですが、サウンドフォーカスの有無で全く違う素材になりましたね。サウンドフォーカスがかかっていると、ベルのボタンを押し込んだ音まで収録でき、さらに屋外の車の騒音も軽減されています

Engadget
▲タッチした被写体にフォーカスして音を拾います。サウンドフォーカスモードでは、レンズ脇にある前面マイクを中心に集音します

静止画のズーム性能やナイトショットも注目ですが、4K画質で音にもこだわれる動画撮影も中々侮れません。OPPO Reno 10x Zoomは本当にカメラがおもしろいスマホですね。もっと遊び倒したいです。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

23シェア
0
23
0
0

Sponsored Contents