Sponsored Contents

IoTの最新記事

Image credit:
Save

UFO型スマート照明「RGB_Light」予約開始、パナソニックのベンチャー支援「100BANCH」から初の製品化

量産のスピード感にオドロキ

田沢梓門, @samebbq
2019年7月9日, 午後06:45 in IoT
81シェア
0
81
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

7月9日に、UFO型スマート照明「RGB_Light」の先行予約がウェブサイトにて開始されました。2019年内に発売予定で、販売想定価格は15万円程度です。

RGB_Lightは「赤」「青」「緑」の光の三原色を別々に照射します。3灯の色合いを変化させることで、物体を照らしてできる影に色彩を持たせることができます。シェードはアルミのへら絞りを採用し、下部のライトも相まってUFOっぽいデザイン。あえてアンバランスなコード一本吊りで設置することで、光源を揺らして影に動きをつけます。

Engadget


Engadget
▲光源の色はアプリで調整可能で、3灯とも白のみにすることで普通のライトスタンドのような運用も可能です

100BANCHで量産を実現したプロジェクト

Engadget
▲JR渋谷駅新南口から徒歩約2分の場所にある100BANCH。1階はダイニング、2階はワークスペース、3階はイベントスペースとして運用されています

今回発表されたRGB_Lightは「100BANCH」の支援によって初めて商品化に至った製品です。100BANCHとは家電メーカー大手「パナソニック」、クリエイティブエージェンシー「ロフトワーク」、飲食事業「カフェカンパニー」の3社による共同企画運営のプロジェクト。「次の100年につながるコトづくりを」をテーマにU35のヤングリーダーの活動を支援しています。

2017年に開始してから2年間で約400件の申し込みがあり、125のプロジェクトが活動中です。審査を通過すると、渋谷に建設された100BANCHの施設を無償で利用でき、業界のトップランナーたちがメンターとしてプロジェクトの実現に向けたサポートやアドバイスを提供してくれます。活動のジャンルは指定されておらず、アートや研究活動、起業、イベントなど様々なプロジェクトが進行中です。

Engadget
▲左からパナソニックコーポレート戦略本部則武里恵さん、グラフィックデザイナー・アートディレクター河野未彩さん、Shiftall CEO岩佐琢磨さん、パナソニック株式会社マニュファクチャリングソリューションセンター所長中田公明さん

RGB_Lightはグラフィックデザイナー/アートディレクターとして活動する河野未彩さんによるプロジェクト。河野さんが学生だった約15年前にプロトタイプを開発し、入居した2017年にLEDタイプを製作しました。CESなど世界各国の展示会やイベントにRGB_Lightを出展し、今回の量産化にこぎつけました。

「量産の現場に携われたのはとてもいい経験でしたね。工場に行って初めて見た金型やプレス機の写真を撮りまくりました(笑)。アートとテクノロジーが融合した新しい価値観を生み出せる製品だと思います」(未彩さん)

量産化の背景には、ShiftallのCEO岩佐琢磨さんとパナソニック関連企業のバックアップがありました。河野さんの担当メンターであった岩佐さんは開発の初期から「いつか製品化したいね」と話していたそうで、RGB_Light製品版の量産設計や製造、販売はShiftallが担当します。小ロットではありますが、製品設計に着手してから約半年で発売する予定とのこと。プロトタイプはあったとはいえ、ものすごいスピード感ですね。

「全然ものづくりとは違う文脈の人が量産機の製品化を実現できる100BANCHの座組はすごい。RGB_Lightの原理はとてもシンプルだけど、誰もこれをやっていなかったし、そういった発想がなかった。モノ消費からコト消費へのシフトがトレンドになっている今の流れで、RGB_Lightは店舗照明としても需要がはあると思う」(岩佐さん)

パナソニックのマニュファクチャリングソリューションセンター所長中田公明さんは、普段はLEDライトの設計に携わっておりRGB_Lightの量産を技術面でサポートしました。

「3灯のライトやレンズなどの調整はもっとお手伝いが必要かなと思っていましたが、試作品の構造がしっかりして助かりました。パナソニックでのLEDライト製造は均質な光を追求しますが、RGB_Lightはまったく別のことをしました。エンジニアとしての気づき以上にマーケティングとしの気づきの方が多かったプロジェクトでした」(中田さん)

「Hue」をはじめとしたスマートライトとして見てみると、15万円というRGB_Lightの価格帯は高く感じてしまいます。しかし、RGB_Lightに照らされることでオブジェクトや室内の趣をガラリと変える体験は唯一無二です。個人購入以外にも飲食店設置などBtoB用途としての活躍が期待できそうなアート領域の新しいデバイスが登場したといえるでしょう。
RGB_Light先行予約サイト
https://www.md-k.net/rgblight



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

81シェア
0
81
0
0

Sponsored Contents