Sponsored Contents

Businessの最新記事

Image credit:
Save

テスラ元従業員、個人iCloudへのAutopilotソースコード持出し認める。転職先の中国EV企業に手土産?

この中国企業にはアップルからも同様の機密持ち出し事件がありました

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年7月12日, 午前07:30 in Business
230シェア
139
91
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

テスラは今年3月、先進運転支援システムAutopilotのソースコードを含むzipファイルを転職先の中国自動車ベンチャー企業に持ち込もうとしたとして、元従業員Guangzhi Cao氏を訴えていました。そして今週、Cao氏は2018年末に自身のiCloudへこのzipファイルを転送していたことを認めました。

ただし、Cao氏は、iCloudのファイルは単なる消し忘れであり、機密情報を盗み出したとの訴えは否定。退職後も「Autopilotに関する企業秘密」をなにかに流用したり、中国企業へ送ったりはしていないと述べています。

一方テスラは、Cao氏がAutopilotのソースコードにアクセスできる約40人のうちのひとりだったと述べ、2018年11月にXiaopeng Motorsからの誘いを受けた後、2018年末に「テスラとの雇用契約に反して」Autopilotソースコードの完全なコピーを含む約30万ものファイルを圧縮して個人のiCloudに転送、Xiaopeng Motorsへ持ち込もうとしたと主張しています。

Xiapeng MotorsはXMotors、XPengという名称でも知られる中国のEVベンチャーですが、その製品「G3」「P7」は、テスラのModel XおよびModel Sに非常に似ており、その類似性はG3のセンターコンソールには縦型の巨大なタッチディスプレイを備えるところまで徹底しています。そして、それらの車にはテスラの先進運転支援システム(ADAS)であるAutopilotに非常によく似た、「XPILOT」なる機能もあり、ウェブサイトですらテスラのそれにそっくりな構成となっています。

ただ、テスラとの類似点に関してXiapeng Motorsは、テスラが2014年にEVに関する特許をオープンソースとして開放したのを利用しているからであり、さらにテスラEVのリバースエンジニアリングした知見を用いて、自社製品の設計を行ったからだと述べています。

今回の件でXiaopeng Motors自体は訴えられていないものの、テスラはCao氏への訴えにおいて、Xiapeng Motorsが「テスラ車のデザインや技術、ビジネスモデルまでを透過的に模倣している」と述べています。この会社に関しては2018年、アップルのProject Titanにおける自動運転に関する大量のデータを盗み出し逮捕された元従業員が、そのデータを新たな雇用主であるXiapeng Motorsに持ち込む予定だったと認めた、今回とそっくりな事件がありました。そしてCao氏には、テスラに入社する前にアップルで技術者をしていた経歴があり、なにか関連があるのかも気になるところです。

なお、Xiaopeng Motorsはテスラの訴えは「疑わしい」ものであり、両社間には「ごく自然な人材の流れ」があるだけだとBloombergに述べ、テスラから迎えようとした従業員の行動への関与を否定しました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

230シェア
139
91
0

Sponsored Contents