Sponsored Contents

Internetの最新記事

Image credit:
Save

アップルがオリジナルPodcast番組製作に資金を提供、独占配信を予定とのうわさ

日本語Podcast番組も欲しいところ

Kiyoshi Tane
2019年7月18日, 午前06:30 in Internet
36シェア
0
36
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

stockcam via Getty Images

アップルがオリジナルPodcast番組の製作に資金を提供し、自社サービスで独占配信する計画しているとの噂が報じられています。SpotifyやStitcherといった競合他社とのシェア争いを優位に進めるため、Podcast業界への投資をさらに増やす予定とのことです。

米Bloombergの匿名情報筋によると、アップル幹部らはメディア企業とその代表者達に、Podcast番組の独占的な権利の購入に関して話し合いを求めているとのこと。同社はまだ明確な戦略をまとめているわけではないが、これまで行ったことのない類の取引を追求する方針だと伝えられています。

同社はmacOS CatalinaにおいてiTunesを機能ごとにMusic、TV、Podcastの3アプリへと分割する方針です。このうち音楽は定額制サービスのApple Musicを提供中、Apple TVは今年秋にApple TV+を開始予定ですが、Podcast向けにも独占コンテンツの準備を進めることは自然な展開とも思えます。

もともとPodcastは、2005年にアップルがiTunesで無料購読や管理を行う機能をサポートしたことで、広く注目を集めた経緯があります。しかし、開始当初はPodcastを聴くまでが煩雑で、PCでダウンロードしてからiPodなどポータブルプレイヤーに同期するといった手間がかかりました。

その後スマートフォンが普及して、単体でPodcastが聴けるようになってから徐々に普及。2014年のiOS 7からPodcastアプリが標準となって勢いが付き、Bloombergによれば2014年から現在までにリスナー人口が2倍以上に増えたとのこと。オンライン統計企業Stastistaの予測では、2021年には米国の月間Podcastユーザー数は1億1200万人に達するとされています。

それだけに企業各社も独占配信コンテンツに力を注いでおり、Spotifyは今年2月にポッドキャスト関連企業の米Gimlet Mediaと米Anchorの買収を発表。かたやStitcherも2017年から独占配信番組の有料サービスStitcher Premiumを開始しています。

アップルがどうやってオリジナルPodcast番組を収益に繋げるのか明らかではありませんが、米アップル関連情報サイト9to5MacはApple Music購読の特典にするのではないかと予測。もしも日本語のオリジナル番組も製作されるなら、Podcastになじみが薄い国内でもリスナー人口が増えるきっかけとなるかもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: 9to5Mac
Source: Bloomberg
36シェア
0
36
0
0

Sponsored Contents